お客様の声

楽しく旅が出来たことが嬉しい

6年前(2012年8月)にフラダンスのお仲間10人で2泊3日「HULA ON ASUKAⅡ」に乗りとても楽しかったので今回友人ご夫婦と4人で参加しました。今年はハラウフラオラナで友人の先生がオラナアイに直接指導を受けていたため、孫弟子に当る友人はとても楽しみにしてました。
飛鳥Ⅱでのレッスンは現代フラ(アウアナ)と古典フラ(カヒコ)に分けて各2回行われ、両方に参加しましたがレベルの高いレッスンでした。夜のショーも素晴らしく感動しました。
神戸港からバスで京都に向い龍安寺の茶室特別拝観、下鴨神社参拝、ホテルで休憩してから幾松で舞妓さんが参加しての川床料理に舌づつみを打ち、宵山まつりを観てオークラで宿泊、翌日は祇園祭り山鉾巡行を少し観てから、仁和寺光琳の茶室を特別拝観して帰路に着きました。
京都の夏は暑いと知りながらも連日38度、バテそうになりながらも楽しく旅が出来た事は嬉しく、添乗して下さった大久保さん本当にありがとうございました。

《東京都》Y.Mさま( 80代 女性 )

ゆたか倶楽部コメント

夏ならではの京都旅、優雅ですね!

飛鳥Ⅱ世界一周クルーズの想い出

船名
飛鳥Ⅱ
ツアー
2018年世界一周クルーズ
ツアー期間
2018年03月25日~2018年07月05日

昨年4月スエズ運河通航の当クルーズが発表され、小生としては待ちに待ったクルーズで即申込をした。驚きはサラーラを過ぎアデン湾近くから海賊対策として、自衛隊の艦船一隻が護衛についた事です。又、警護が終了時、飛鳥Ⅱの大勢の乗客が感謝のコールと手を振り艦船からは乗組員が整列し、こたえてくれたのには涙が出る程。又、この時、当船の右舷に初代飛鳥で現在名はアマデアが並走していたのにもびっくり。スエズ運河通峡後、波は高くなり地中海最初の寄港地ミコノスはピンポイントで強風となり通船が出せず抜港になり、遠くに陸地を眺め波の高さがうらめしかった。ボストンでは有名美術館を貸切鑑賞が出来たのは最高でした。ニューヨーク出航時、デッキで船友と出航風景を見たが、丁度、高層ビル群の間から大きな満月が昇り出し絵葉書の様。太平洋は天候、波穏やかで横浜帰着、前夜、当日共、親交をあたためた船友及びウェイターとも別れの挨拶をし、さわやかな横浜港に帰着した。

《長野県》A.Tさま( 80代 男性 )

ゆたか倶楽部コメント

世界一周、素晴らしいですね。長旅おつかれさまでした。

初めての世界一周クルーズに参加

船名
飛鳥Ⅱ
ツアー
2018年世界一周クルーズ
ツアー期間
2018年03月25日~2018年07月05日

傘寿の祝いを兼ね、初めての世界一周のクルーズに参加させてもらいました。その他の目的としては、スエズ及びパナマ両運河の通過経験を積むことでした。過去リバークルーズなどで運河の通過経験はありましたが、ほとんど船自体の自力運行でしたがパナマ運河では電気機関車が船の前後左右から4台で牽引し引っ張って通行する様は圧巻でした。
主にオプショナルツアーでは、ハワイでマジックショーの見学に参加させてもらいましたが、舞台上へヘリコプターが一瞬で出現したり、アメ車(大型車)が空中で一瞬に消えたりとか、そのスケールに驚かされました。また機会があれば見たいと思っております。

《滋賀県》M.Tさま( 70代 男性 )

ゆたか倶楽部コメント

傘寿、おめでとうございます!またお元気でご乗船ください。

今回はニューヨークに期待して乗船しました

船名
飛鳥Ⅱ
ツアー
2018年世界一周クルーズ
ツアー期間
2018年03月25日~2018年07月05日

自由の女神を入港時、少し霧がありましたが、見えた時、感動し、半日観光のトップ・オブ・ザ・ロックから街を見下ろし、下りのエレベーターが途中で止まって驚いたり、午後は自由行動、五番街を散策、セントラルパークで疲れたので、飛鳥のあんぱんをおやつに一休み。ニューヨークを出港する時、満月がビルの間から見え、それは美しい忘れる事のできない思い出となりました。自由の女神をライトアップして、私達を見送ってくれました。本当にお世話になりありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

《東京都》K.Yさま( 70代 女性 )

ゆたか倶楽部コメント

ニューヨークの満月は絶妙なタイミングでよかったですね!

帰ってきてビックリ!浦島太郎状態!!

船名
飛鳥Ⅱ
ツアー
2018年世界一周クルーズ
ツアー期間
2018年03月25日~2018年07月05日

本当に世界一周クルーズに行けるんだ。そんな夢みごこちで、多くの人々に見送られて横浜出港。
穏やかな青い海、プーケットで水上飛行機に乗り、さらに美しい海を満喫。シンガポールでは「ゆたか倶楽部」主催の懇親会が有り、話も弾み、船内でお会いしても、和気あいあい。アデン湾では海賊対策で護衛艦に守られ紅海へ。スペインではオーバーランドツアーでアルハンブラ宮殿を訪れ、夜、洞窟レストランのフラメンコショーは迫力バツグンで酔いしれました。イギリスのオーバーランドツアーでは、チャールズ皇太子の次男の結婚式一週間前でウエストミンスター寺院には入場出来ませんでしたが、コッツウォルズの町は、花盛りで田舎を歩いて堪能しました。船旅の楽しみは入港風景。どこも一期一会。海からの各々のシーンは好天に恵まれ、どこもすばらしいものでした。午後9時、ニューヨーク出港は、美しくライトアップされたマンハッタンビル群の間に大きな満月。午後4時、ハワイ、ホノルル出港はダイヤモンドヘッドを覆う大きく美しい虹。
クルーズ中、いろいろな催しもあり、私は「インターナショナル・ナイト」で日本・ソーラン節に参加。30分4回の練習で舞台へ。18人それぞれがガンバッテ、息もピッタリ上手に踊れ、とても良い思い出になりました。クルーズの終り頃には、本当にたくさんの方々と親しくなり、皆さんとの別れがさみしくて、自然と涙があふれ、またお会いしましょうと言って下船。
帰ってきてビックリ!! 浦島太郎状態! 行きつけの美容室の隣にはマンションが建ち、ラーメン屋さんは閉店、町内の一角は空地に、現実の世界は超高速回転。今まだ夢の中にいる私達、今しばらくは余韻にひたっていたいと思います。

《東京都》K.Yさま( 60代 女性 )

ゆたか倶楽部コメント

たくさんのキラキラした思い出は宝物ですね。

よく食べ、よく運動し、よく寝て、とても健康的に

船名
飛鳥Ⅱ
ツアー
2018年世界一周クルーズ
ツアー期間
2018年03月25日~2018年07月05日

クルーズ中、よく食べ、よく運動し、よく寝て、とても健康的に過ごしました。仲の良い友達もたくさんできて、女子会も数回しました。デッキディナーやボンボヤージュなど、最初は消極的でしたが、慣れてくると、積極的に参加して、皆でダンスを楽しむことができました。オプショナルツアーは団体行動なので、街中をゾロゾロ歩くのが苦手でした。でも3か所のビーチ(モルディブ、プーケット、カリブ)は最高でした! 特にモルディブは色とりどりのお魚がたくさんいて天国のようでした! 風車村も朝一番に行けたので、観光客も少なく、すばらしかったです。心残りはミコノス島です。ミコノス島に行けるクルーズってありますか?行って見たいです!!

《熊本県》U.Fさま( 50代 女性 )

ゆたか倶楽部コメント

次回はぜひミノコス島のクルーズにご参加ください!

本当に有効な旅であった

船名
飛鳥Ⅱ
ツアー
2018年世界一周クルーズ
ツアー期間
2018年03月25日~2018年07月05日

家内が病後、体力の低下があり、更に昨年の12月に右腕骨折により、歩行すら満足にできなくなりました。施設へと考え、見学に数か所出かけましたが、どこも感心しませんでした。一年前に飛島Ⅱの予約をしてあったので、キャンセルをしようか迷っていた時、家内が乗船したいと言い出しました。三月に入って、暖かくなってきたので体調も向上し、歩けるようになってきました。介護で私も疲れ始めていましたので、リハビリも兼ねて、楽しく過ごすことを主眼に乗船しました。食べて、友と語り、特にゲームに参加できるようになり、体力がつき始めました。船内生活の充実を図り、寄港しても船外へは出ませんでした。アムステルダムだけは船による観光でしたので、歩くこともなく、とても楽しい観光でした。クルーズを終え、本当に有効な旅であったと喜びと感謝の気持ちでいっぱいです。「人生の夢は旅よ」と自負しているだけに、とても満足しています。

《愛知県》M.Jさま( 80代 男性 )

ゆたか倶楽部コメント

奥様のリハビリも兼ねた旅、クルーズをそんな風に活用することもできるのですね。体力が回復されてよかったです。

飛鳥Ⅱ世界一周旅行に参加して

船名
飛鳥Ⅱ
ツアー
2018年世界一周クルーズ
ツアー期間
2018年03月25日~2018年07月05日

今回の飛鳥Ⅱ世界一周旅行は、1999年飛鳥で最初の世界一周に参加して以来4回目となり、今回も多くの夢と希望を持って横浜港から乗船しました。
特にスエズ、パナマ両運河の再々回通航に期待を持っておりました。スエズ運河では広大な大陸風景の中、突然出現する対向巨船の勇姿には、幻想性を感じるものがありました。またスエズ運河では、近年開発された第二運河通行を期待していましたが、当船運河通航基準に未達のことで、残念ながら従来運河通行となりました。巨大船舶を狭隘で長大な施設に安全且つ円滑に一貫運用する技術、更に叡智を集結した建設当時の技術力には今更ながら敬服し感動するものがあり、私は半日以上船首で執着観察をしました。
その他、私は寄港地で主として船会社手配のシャトルバスを多く利用して市街地周辺、或いは港湾周囲を徒歩散策して、地域住民の生活実態を理解吸収するようにしました。殊に感じたことは新興国の雑貨店舗には日常品が豊富に溢れており、その大部分は中国製品が並べられており、同国の強力な経済力に改めて認識を深めるものがありました。その他、本旅行中すべての寄港地では天候に恵まれ、持参した雨具類は一切必要としなかったことも記憶になりました。
今回は本当に楽しい船旅でした。出港帰港時の送迎に感謝し、さらにシンガポール懇親会の開催など仔細な配慮は記憶に残るものが多々ありました。また、私の誕生日には記念品を船室に手配されており厚くお礼申し上げます。今後共貴社を利用させていただき、楽しい人生を過ごす所存です。 

《埼玉県》F.Kさま( 80代 男性 )

ゆたか倶楽部コメント

長旅おつかれさまでした。寄港地でまったく雨が降らなかったというのは強運ですね。

楽しい旅行ができたことに感謝

久しぶりの飛行機と船の旅に参加することに91歳の老体がついていけるか期待とともに一抹の不安がありましたが、優しい女性添乗員の行き届いたお世話と同行の皆様のご協力により楽しい旅行ができたことに感謝しています。
最も期待した大塚国際美術館は原寸大の陶板で泰西の名画の数々が復元されており、特にバチカンのシスティーナ礼拝堂がそのままに天井いっぱいにミケランジェロ傑作が色鮮やかに描かれており圧倒されました。抽象的な石像彫刻のイサム・ノグチ美術館、初めて渡る瀬戸大橋、倉敷の大原美術館の名画の数々、なまこ壁の建物に囲まれた倉敷川を花嫁さんを乗せた小舟がゆったりと揺られていく風景など同情そそられました。 飛鳥Ⅱの連日の豪華ショーも充分堪能することができました。

《神奈川県》S.Tさま( 90代 男性 )

ゆたか倶楽部コメント

91歳で元気にご旅行されていること、励みになります!

楽しく過ごすことができました

船名
飛鳥Ⅱ
ツアー
2018年オセアニアグランドクルーズ
ツアー期間
2018年01月28日~2018年03月08日

この度の40日間の旅はまるで夢のように毎日過ごさせていただきました。その上、お風呂は毎夜海の波の音を聞き、港へ着くたびに夜景を見ながら本当にゆっくりくつろげました。お食事は懐石料理のように毎日きれいな飾り付けで、本当に楽しく、美味しくいただけ申し分ありませんでした。
スタッフの人も親切で船長さんも良い方でした。お料理も毎日変わった手のこんだおいしいものを出していただき、皆さんから心のこもったおもてなしを受け、本当に楽しく過ごさせていただき元気に帰ってきました。

《千葉県》O.Fさま( 80代 女性 )

ゆたか倶楽部コメント

長旅おつかれさまでした。波の音を聞きながらお風呂に入るのは優雅ですね。

ページトップへ