お客様の声

宗像大社と飛鳥Ⅱクルーズに参加

船名
飛鳥Ⅱ
ツアー
新春の博多・横浜クルーズと世界遺産宗像大社と宗像大島
ツアー期間
2018年01月22日~2018年01月25日

長年、日本書紀、古事記に書かれている大和・出雲と密接な関係を持っていた宗像三女神を祀る宗像大社を訪れたいと思っていたところ、ゆたか倶楽部から送られてきた案内を見て、飛鳥Ⅱとの組み合わせたツアーだったこともあり、参加しました。
博多空港からジャンボタクシーで向かった宗像大社辺津宮で参詣、観光後、フェリーで大島の奥津宮、沖の島遥拝所を参詣、観光しました。高宮祭場などで古代人による祭祀を思い浮かべ、厳かな空気を感じる時間でした。神宝館に展示してある沖津宮出土の金製指輪などの遺品類も興味あるものでした。  
全行程、宗像大社のボランティアガイドによる説明があり、充実した観光となりました。また、車窓からではありましたが、被葬者が海人族の宗像氏と推定されている新原・奴山古墳群で前方後円墳数基と円墳1基を見れて古墳ファンとしては感慨深いものがありました。
観光後、博多港でドック明けのピカピカの飛鳥Ⅱに乗船、出航後博多湾を出てすぐに、左舷側に夕日で色づいた沖の島、右舷側に大島を12デッキ上階で眺めることができ、素晴らしい旅の締めくくりになりました。
飛鳥Ⅱ乗船は今回で9回目になりますが、今回のような片道クルーズは初めてでしたが、ほぼ満室の盛況には驚きました。旅行のひとつの形態であると認識しました。

《埼玉県》K.Sさま( 70代 男性 )

ゆたか倶楽部コメント

片道クルーズで短期間でも充実した内容のクルーズが魅力ですね。

感謝・感謝の旅でした

船名
飛鳥Ⅱ
ツアー
Xmas JAZZ ON ASUKAⅡとサンタクルーズ東京/名古屋 連続乗船企画
ツアー期間
2017年12月15日~2017年12月18日

飛鳥Ⅱ、にっぽん丸の皆様方、大変お世話になりました。
私はリアス式の美しい海を眺めながらひとり住まいをしております。鳥羽港には優雅な飛鳥Ⅱ、にっぽん丸が停泊する姿を見に行きます。
御木本真珠翁がハンカチを振ってお送りしたとのこと、私も1年に1度お送りに行きます。 その飛鳥Ⅱとにっぽん丸の船旅に参加させていただきうれしく思いました。幸福者です。また東京見物がとても良かったです。国立西洋美術館にはもう少し時間が欲しかったです。80歳になっていい思い出が出来ましたこと、感謝・感謝の旅でした。本当にありがとうございました。

《三重県》O.Fさま( 80代 女性 )

ゆたか倶楽部コメント

いつもお見送りいただいておりありがとうございました。またぜひご乗船ください。

歌舞伎クルーズに参加して

船名
飛鳥Ⅱ
ツアー
歌舞伎クルーズ
ツアー期間
2017年11月21日~2017年11月23日

五年ぶりに復活した名跡中村芝翫と三人の息子橋之助、福之助、歌之助の同時襲名を記念した舞台が見られる絶好の機会と思い乗船した。
船内は歌舞伎パネル展示。歌舞伎座特別映像「歌舞伎夜話」の上映、傘や下駄など小道具の展示。歌舞伎体操など歌舞伎に関係する催しがたくさんあってよかった。 また昼食の総本家にしんそば松葉屋のにしんそばと幕の内弁当もこのクルーズらしい趣向と感心した。
歌舞伎公演の演目では「操り三番叟」が面白かった。人形の動きが巧みだった。「飛鳥薫獅子船出」は獅子の精たちの手振りが圧巻でした。芝翫の「雨の五郎」は期待していただけに物足りなく感じた。長唄と鳴物も素晴らしく歌舞伎が少しだけ身近になったかなと感じたクルーズでした。

《神奈川県》N.Nさま( 70代 男性 )

ゆたか倶楽部コメント

記念すべき舞台を船上で観劇できるのはゴージャスな体験ですね!

今回が一番幸せな旅でした

船名
飛鳥Ⅱ
ツアー
2017年日本一周グランドクルーズ
ツアー期間
2017年06月07日~2017年07月12日

私は台湾生まれの台湾育ち。来日してもう60年近く。小学校の教科書で学びました石見神楽の伝記(天照大神、スサノオの命などなど)、「天の岩戸の神楽」「やまたのおろち」、とても懐かしく楽しく拝見しました。85歳になりまして、また思い起こすことができましたこと本当に感謝です。長生きはするものですねぇ。10年近く世界をあっちこっち旅行しましたが、今回が一番幸せな旅でした。ありがとうございました。

《東京都》K.Hさま( 80代 女性 )

ゆたか倶楽部コメント

一番幸せな旅!をお手伝いできたことをうれしく思います。

なんとも贅沢をさせて頂いた旅でした

船名
飛鳥Ⅱ
ツアー
陽春の熊野・三河クルーズ
ツアー期間
2017年03月15日~2017年03月18日

オールインクルーシブの船旅は飛鳥Ⅱでは初めての試みだとか。往復のスーツケースの配達は無料。乗船中のディナーやバー各施設のドリンクが無料でした。ショーを観ながらワインを頂いたり、マリナーズクラブでピアノの演奏を楽しみながらジュースを頂いたりしました。その上、寄港した新宮と豊橋では半日観光付き。新宮では世界遺産の熊野三山にお参りし、ほんの短い距離だったけれど熊野古道も歩けました。豊橋の室町時代に創建されたと言う豊川稲荷は豪壮な建物で、霊狐塚も心に残りました。出港の時の手筒花火はその迫力に驚きました
午前中に観光したので、午後はゆったり海を眺めたり、お風呂に入ったり、お茶やアイスクリームを楽しんだりと、なんとも贅沢をさせて頂いた旅でした。

《神奈川県》N.Nさま( 70代 男性 )

ゆたか倶楽部コメント

オールインクルーシブはとくにお酒を飲まれる方には魅力ですね!

思い出に残る飛鳥Ⅱの旅

船名
飛鳥Ⅱ
ツアー
陽春の小豆島・姫路クルーズ
ツアー期間
2017年03月10日~2017年03月14日

眼下に広がる大海原を眺めながら展望浴場に入ることから、飛鳥Ⅱの1日が始まりました。どの部屋にもバスタブがあるからでしょう。人が少なく、ゆっくりと入れたのはうれしかったです。その後、日の出を見ながら、プロムナードデッキを5周(約2.2㎞)歩きました。最初の日は風が強く、帽子だけでなく体も飛ばされそうなほどでした。
続く二日間は、瀬戸内海を航行していたこともあって穏やかでしたが、最終日は強風のためにプロムナードデッキは閉鎖され、歩けなかったのは残念でした。だが、さすがに飛鳥Ⅱです。ほとんど揺れを感じず、毎日大浴場に入れ、朝食もおいしくいただけました  一方、飛鳥Ⅱプロダクションショーを見たり、小豆島とオリーブの歴史の話を聞いたりして、船内の生活も充分に楽しみました。ビンゴ大会ではランチバックをゲットしました。おかげで初めての飛鳥Ⅱの旅は、思い出に残るものとなりました。

《愛知県》M.Tさま( 60代 男性 )

海に夢あり、夢に海あり、またすぐに乗船したいと思う

船名
飛鳥Ⅱ
ツアー
2017年アジアパシフィックグランドクルーズ
ツアー期間
2017年01月23日~2017年03月02日

1月23日から3月2日まで53日間、娑婆世間から離れて楽しんだ。航海には後悔はない。 「果てしなき 大海原に 夢つきぬ」が今年の初句である。5万トンの大型船には、ローリングもピッチングも感じない。ゆっくりとゆるゆると大海原を進んでゆく。つきぬ夢を求めて。次の航海が楽しみである。 「海に夢あり、夢に海あり」。 
 今回、83%がリピーターと言う 飛鳥Ⅱがとても理解できる。 説明会でも乗船してからも知っている人が多くて、なつかしい顔の多いこと、ともに元気で乗船できたことを手を取り合って喜ぶ。スタッフはもちろん、客同士の情景である。 老人を遊ばせてくれるゲーム教室の多いこと、毎日が忙しく楽しかった。全部には参加しなかったけど、それでもゲットしたアスカドルでTシャツとスリッパをもらった。毎晩のショーも素晴らしかった。私の一番のお気に入りのリドの朝食で、肥えることとかなく健康的な日々であった。  横浜入港日前日の夕食。神戸で仕入れたという刺身のすごさに感激。おいしかった。当日の昼食のカニ寿司も料理人の最後まで心を尽くす真心にまたすぐ乗船したいと思う。乗船中の次回クルーズ申し込みで、今回のクルーズで使えるクーポン5万円をもらって(初めてだったので)豊かに贅沢なクルーズができた。

《神奈川県》N.Tさま( 90代 男性 )

ゆたか倶楽部コメント

次のクルーズも申込みいただき、ありがとうございます。「つきぬ夢」をまたぜひお楽しみください。

アンボンでの盛大の入港歓迎、歓待などにしばらくぶり感激

船名
飛鳥Ⅱ
ツアー
2017年アジアパシフィックグランドクルーズ
ツアー期間
2017年01月23日~2017年03月02日

今回のクルーズは全体として好天には恵まれず、あまりスッキリした気分にはなれなかったが、寄港地での上陸・散策には過酷な暑さや過激なスコールにも遭わず、過ごせたといえよう。
コモド島やハロン湾の目玉観光地はすでに複数回訪問済みであり、目新しさには乏しかった。しかしインドネシアのアンボンでの盛大な入港歓迎や、オプショナルツアーでの観光パトカーでの先導等はしばらくぶりの歓待で感激。ここでは軽いスコールのおまけまでがついた。またシンガポールでの招待ツアーでは、夜の植物園ガーデンズバイ・ザ・ベイに参加したが、そのスケールと最先端を行く仕掛けに、進化するシンガポールの一端を見せつけられた感じがする。
最後に、私どもは自分たちの年齢や体調を考えると、長期にわたるワールドクルーズはそろそろ卒業し、避寒対策の一環でもある冬場日本発着のグランドクルーズ中心に船内生活にポイントを置き、ゆったりと船上生活を楽しむ時が近づいていると自覚するものである。

《宮城県》K.Yさま( 80代 男性 )

ゆたか倶楽部コメント

長期に渡りご参加ありがとうございます。これからは避寒対策と体調に合わせてクルーズをお楽しみください。

アジアパシフィックグランドクルーズに参加して

船名
飛鳥Ⅱ
ツアー
2017年アジアパシフィックグランドクルーズ
ツアー期間
2017年01月23日~2017年03月02日

ハイライトはなんといっても楽しみにしていたオリエントエクスプレス乗車でした。車窓の風景を眺めつつ、重厚な内装の車中での優雅なディナー。アルコールに弱い私は隣席の方とともに「今日は特別」とカクテル(シンガポールスリング)をいただき、帰路は日も暮れ、真っ暗な中、きれいな月と星と南方の木々と爽快な風を展望所で満喫でき、コンパートメントでのくつろぎと印象的な時間を幸せに味わいました。

《静岡県》I.Rさま( 60代 女性 )

ゆたか倶楽部コメント

オリエントエクスプレスは船に負けず劣らず優雅ですね!

友人の輪(和)がドンドン広がりました

船名
飛鳥Ⅱ
ツアー
2017年アジアパシフィックグランドクルーズ
ツアー期間
2017年01月23日~2017年03月02日

私たちは飛鳥Ⅱでのショートクルーズだけでしたが、2015年南太平洋グランドクルーズで初めてロングクルーズを体験しました。その時、T夫婦と親しくなり、今回のアジアグランドクルーズにそのT夫婦と一緒に乗船しました。T夫婦の友人のO夫婦とも親しくなりました。また、N夫婦、O夫婦、U夫婦、S夫婦、Hさん、Sさん、Fさん、Oさんなど、日本中、仕事、年齢もバラバラの多くの方々と、ゲーム、食事お茶、時を忘れて楽しみ、友人の輪(和)がドンドン広がりました。メイドのロセル、ウェイターのレッド、レイ、コンラッド、パームコートのキャサリン、ネヴィ、エンターテイメント全員と、どこへ行っても親切にしていただき、とびっきりの笑顔のサービス、本当に楽しいクルーズライフでした。4月末には、初めて外国船に乗ります。ゆたか倶楽部の皆様お世話になりました。またよろしくお願いします。

《東京都》K.Mさま( 60代 女性 )

ゆたか倶楽部コメント

たくさんの船友ができるのはうれしいですね。外国船も楽しんできてください。

ページトップへ