お客様の声

御礼

船名
MSCスプレンディダ
ツアー
【横浜発着】青森ねぶた祭とロシア・北海道・仙台クルーズ
ツアー期間
2018年08月02日~2018年08月10日

今回の旅も珍しい体験が沢山ありました。初めてのMSCスプレンディダバルコニー付のキャビンでは、潮風、波の音に直接ふれながら、ルームサービスの朝食を楽しみ、船底にはマイナス三十度の冷凍庫があるそうで、五階と六階のレストランの食事も、たらこ、いくら、鮭とえび、新鮮で満足しました。
ゆたか倶楽部からの細かく行き届いた連絡で、電子ビサをパソコンで受取り、無事にウラジオストクの駅に着いて列車の前の何か分からない標示板の前で、ロシアの青年にスマートフォンでお願いすると、上手に写真をとってくれました。嬉しかったです。
坂と石段の町を歩くと古風なグレイスホースアパートから出て来た御婦人が手招きして、博物館はこちらですと教えてくれましたが、膝が痛くなってその石段をのぼることが出来なくて残念でした。曾孫に青い目のミルクのみ人形をスーパーで買いました。2.65ルーブルでした。帰船して、ビンヂェンゾ先生のイタリア語教室に参加しました。ボンジョルノ、コメスタイ?大きな声で握手しながらベーネグラツィエ・オオソレミヨの国は明るくて船客を幸せにしてくれました。添乗員の栗本さん、毎日船内新聞を発刊し届けて下さり、必要な時に何げなくそばに立って助けて下さいました。一人でどんなにか忙しかったことでしょう。深く御礼を申しあげます。

《神奈川県》K.Aさま( 80代 女性 )

ゆたか倶楽部コメント

異国でのコミュニケーションは良い思い出になりますね。

船内裏側ツアーに参加して

船名
MSCスプレンディダ
ツアー
【横浜発着】青森ねぶた祭とロシア・北海道・仙台クルーズ
ツアー期間
2018年08月02日~2018年08月10日

終日航海日は、時間が有り余るほどあるため普段は見ることの出来ない「船内裏側ツアー」の企画に興味を持って参加してみた。先ず、訪れたのは収容人員1300人余の「シアター」の舞台で、歌手やダンサーが毎夜繰り広げるショーの場所から観席を眺めて会場の広さに驚き、舞台の裏側にある「衣装室・メークアップ室」を覗いてみた。ここでは出演者一人ずつに大きな鏡台があり、数多くのハンガーにはカラフルな衣装が用意され、女性用の衣装には重さがなんと30kgもあるものがあるとのことであった。
乗船客のキャビン階下には、窓のない「2人用乗組員居室」「クリーニング工場」に巨大な「食料品貯蔵庫・調理室」などがあり、専門担当者の案内では温度・衛生管理や廃棄物区分けが徹底されて環境配慮がされているとの説明であった。
最後は、「ヨットクラブ」であるが、ここは究極のクルージングを味わうため、景色の優れた最上階にあり、専任のコンシェルジュが20数名滞在し、至れり尽くせりの細やかな各種サービスの提供があり、専用ダイニング、プール、ベランダなどでゆったりとした雰囲気の安らぎの場所が提供できるとされている。
尚、本ツアーは2時間ほどの船内探検で、最後にはシャンパン・軽食にお土産(エプロン)付きで解散となったが、普段味わうことの出来ない貴重な体験をすることができ、有意義な時間を過ごすことができた。

《東京都》I.Hさま( 80代 男性 )

ゆたか倶楽部コメント

あまり知られていない裏側のレポート、興味深いです!

2度目のダイヤモンド乗船

今回で2度目、ゆたか倶楽部のお世話でダイヤモンド・プリンセスに乗船しました。7月種子島、屋久島の旅に行く予定でしたが、中国地方(岡山、広島)の豪雨で交通機関がストップ、残念ながら参加できませんでした。このことで大阪のスタッフの方には親切に対応して頂き本当に感謝しております。
他の大手の旅行代理店と違いアットホームなゆたか倶楽部。今後共よろしくお願い致します。

《島根県》O.Aさま( 70代 男性 )

ゆたか倶楽部コメント

こちらこそご参加いただきありがとうございました!

ダイヤモンド・プリンセス4回目のクルーズ

今回はダイヤモンド・プリンセスで4回目のクルーズですが、台風の影響で石巻は抜港となり、後は全て快晴で海も穏やかなクルージングでした。函館は事前に観光タクシー5時間コースを予約しましたが、結果的には大正解で個人タクシードライバーの対応は至れり尽くせり。当日函館山は雲がかかり視界不良でしたが山の中腹ぎりぎりの所のビューポイントで函館が鳥瞰でき、埠頭のダイヤモンド・プリンセスも遠望撮影できました。希望箇所は全て廻り夫婦ペアの写真も沢山撮ってもらい大満足でした。
ウラジオストクでは予想はしていましたが、ガイドは半素人マイペースで満足できるものではありませんでした。出港時の真っ赤な夕日が印象的でした。
青森ではゆたか倶楽部のオプショナルツアーは11名参加、大型バスでベテランガイド付きでゆったり観光できました。五所川原のたちねぶた展示は圧倒的な迫力でした。弘前ニューキャッスルホテルの郷土色豊かな昼食は、ゆたか倶楽部ならではの設定でハイライトでした。さて、プラチナメンバー取得のお知らせで、勢いで来年のクルーズも予約しました。最後 の終日航海日のプロダクションショーの前にシアターで「結婚〇〇周年比べ」があり、私共夫婦は結婚63年で第2位となりシャンパンボトルはゲット出来ませんでしたが、今回も元気で参加できたことには感謝です。

《神奈川県》A.Iさま( 90代 男性 )

ゆたか倶楽部コメント

いつもご乗船ありがとうございます。次回も存分にお楽しみください。

行きたかった島へ

ツアー
下甑島・上甑島クルーズ
ツアー期間
2018年07月22日~2018年07月24日

蒸し器、せいろ……甑という字の意味を辞書に見つけました。長い人生の中、いつも知らないことが沢山あることを思わされます。
台風は中国へ行ってくれて、私達は甑島へ……あの船酔いも今になれば楽しい旅の中に消えてゆきました。青い海、断崖、鹿の子ゆり。そして島のいろいろな物語り、歴史……行きたかった島へのチャンスを頂き、とっても有りがたい喜びの旅になりました。
スムーズに旅を運んで下さった添乗員の横山さんにも心から感謝申し上げたく存じます。旅の中で何かあってもプラスに変えて、良い旅、楽しい旅にしてゆきたい……それが自分を高めることになると信じ、良い旅、楽しい旅へまだまだ出かけたい!! そう思っております。

《兵庫県》W.Tさま( 70代 女性 )

ゆたか倶楽部コメント

旅で学ばれる姿勢、尊敬いたします。また楽しい旅をなさってください。

参加型のイベントが少なくなった

船名
ダイヤモンド・プリンセス
ツアー
【横浜発着】夏の那覇・石垣島・台湾リゾートクルーズ
ツアー期間
2018年07月19日~2018年07月27日

2年振りにダイヤモンド・プリンセスに乗船しました。今回のクルーズで思った事は前回3回とは違って参加型のイベントが少なくなったように思います。船で友達になった方々も同様な事をおっしゃっていました。例えば、私は映画好きなのです。今回の上映でシアター、TVともに字幕スーパーが出る映画が少なく、少々不満でした。クルーズ全体ではまあまあ良かったと云うところです。

《東京都》M.Yさま( 70代 女性 )

ゆたか倶楽部コメント

ご意見をありがとうございました。今後の改善点として船会社に伝えます。

汗と涼しさ

今回のクルーズの旅は、友人にお誘いを戴き、夫婦で参加させて頂きました。毎年日本各地の名所や地域を訪ねる旅を企画され、それに参加させて頂いていますが、今回は船旅なので当初は戸惑いを感じていましたが、乗船してすぐに安心に変って行きました。クルーの皆様の笑顔の対応や、まるで小さな街が動いている事がごく自然な感じがとても良かったと思いました。
祇園祭、山鉾巡行は主催の皆様は大変なご苦労をなされ、祭りを支えていられると思いながら観させて戴きました。知恩院、上賀茂神社、実相院は歴史の重みを感じました。私も地域の神社の役員をしていますが、昔の建物の維持には大変な努力をされておられる事と思います。大木の楠が中心で、西陣魚新は繁栄されていられる感じでした。
貴船川床は自然を利用の知恵の賜物と思います。九州のお客様と会話が出来ましたのも知恵の引き寄せと思えます。 楽しい旅が出来ました。多くの人に感謝します。

《神奈川県》O.Yさま( 70代 男性 )

ゆたか倶楽部コメント

またクルーズ旅に参加されるのをお待ちしております。

楽しく旅が出来たことが嬉しい

6年前(2012年8月)にフラダンスのお仲間10人で2泊3日「HULA ON ASUKAⅡ」に乗りとても楽しかったので今回友人ご夫婦と4人で参加しました。今年はハラウフラオラナで友人の先生がオラナアイに直接指導を受けていたため、孫弟子に当る友人はとても楽しみにしてました。
飛鳥Ⅱでのレッスンは現代フラ(アウアナ)と古典フラ(カヒコ)に分けて各2回行われ、両方に参加しましたがレベルの高いレッスンでした。夜のショーも素晴らしく感動しました。
神戸港からバスで京都に向い龍安寺の茶室特別拝観、下鴨神社参拝、ホテルで休憩してから幾松で舞妓さんが参加しての川床料理に舌づつみを打ち、宵山まつりを観てオークラで宿泊、翌日は祇園祭り山鉾巡行を少し観てから、仁和寺光琳の茶室を特別拝観して帰路に着きました。
京都の夏は暑いと知りながらも連日38度、バテそうになりながらも楽しく旅が出来た事は嬉しく、添乗して下さった大久保さん本当にありがとうございました。

《東京都》Y.Mさま( 80代 女性 )

ゆたか倶楽部コメント

夏ならではの京都旅、優雅ですね!

私は旅人 素晴らしき旅よ

ひとり旅の一人、期待と不安を抱えながら晴海へ。いつも通り娘の見送り、私の知人に母を宜しくの挨拶。久し振りのぱしふぃっくびいなす。スタッフが替わり少し寂しい。航海クラブの人達と再会。6階で添乗員の岡島さん挨拶と個々の紹介。名古屋港は亡き夫の仕事の基点。来ましたよと、心の中で。バスで美濃太田へ。水戸岡鋭治さんデザインのJR九州ななつ星の電車は乗れないので、ながらは嬉しくってわくわく。郡上八幡、高山、上高地、松本、旧開智学校も再度と、手術後でも有り大事をとり、車中に。カメラは車中から追尾撮す。飛騨の緑重なる山々。トンネル、トンネル。合間に見える清流、ガイドさんがサインを下さる。青空に浮かぶ白い雲は形を変えて思わず、千曲川旅情の歌を口ずさむ。緑の凡よ清き水。何と幸せの時間でしょう。晴天。私は晴れ女だが地震線あり、心中心配。帝国ホテルの昼食美味なのに頂けず。オルゴールを見ていた。ながら車中の昼食は良かった。高山のホテル広くってちょっぴり淋しい。赤い電車素敵な旅有難うでした。

《東京都》N.Sさま( 90代 女性 )

ゆたか倶楽部コメント

旅情あふれる文章ありがとうございました。素晴らしい旅になってよかったです。

ぱしふぃっくびいなすの乗船は初めてです

ぱしふぃっく びいなすの乗船は初めてです。びいなす会員になると優待を受けることができるので丁度良い機会でした。晴海埠頭は大江戸線の練馬からかちどき橋まで乗り下車してバスですぐで便利でした。旅行日程は観光列車ながらに乗ったり、名物ガイド付きでゆっくり高山を見物して、暑さを忘れるさわやかな上高地に魅せられました。かわいい女性のガイドは東京生まれでしたが、上高地に住む事を選択したそうです。私も若ければこの雄大な自然の中で生活したいと思いながら散策しました。クルーズと観光と大満足の三日間でした。ウォーキングが大好きな私にとって二日間で二万歩近く歩けたので印象に残る旅にもなりました。添乗員の岡島さんいろいろありがとう。又お会いしましょう。

《東京都》N.Yさま( 70代 女性 )

ゆたか倶楽部コメント

ガイドさんとの交流も旅の醍醐味ですね。

ページトップへ