お客様の声

初めてづくしのクルーズ、旅の余韻が続きます

船名
ダイヤモンド・プリンセス
ツアー
【神戸発着】新緑の九州 名湯の地めぐりと韓国6日間
ツアー期間
2019年05月06日~2019年05月11日

昨年の暮れに、急性膵炎で3週間入院! 5月6日の出発を心の支えにして闘病してきました。おかげさまで5月6日には、無事出発。
初めてのクルーズ、初めての海外、初めての長期旅行と、期待と不安のいりまじる中、楽しい6日間は、あっというまに過ぎてしまい、これから次の2回目、3回目のクルーズに旅立つ方達を、うらやましく思ったものです。旅立つ方達を横目で見ながら帰路につき、英語しゃべれるようにならなくっちゃなんて、次への旅へと胸をふくらませている自分に驚いております。
旅の余韻は、意外と長く、帰宅してからも話は尽きず、思い出しては、楽しませていただいています。
 「一度行くと、はまるよ」と伺ってはいましたが、こういうことなんだなぁと、それも楽しんでおります。
夢の世界に連れて行ってくれた6日間、次もチャンスがありましたら是非参加したいものと思っております。さそってくれた友人、お世話してくれた皆様、本当にありがとうございました。

《愛知県》I.Yさま( 60代 女性 )

ゆたか倶楽部コメント

初めてのクルーズにはまっていただきうれしいです。またのご乗船をお待ちしております。

神戸発着に魅かれて

船名
ダイヤモンド・プリンセス
ツアー
【神戸発着】新緑の九州 名湯の地めぐりと韓国6日間
ツアー期間
2019年05月06日~2019年05月11日

外国船にも試しに乗船して見ようよと友人を誘って、新聞広告の安さに魅かれて乗船。船室も運良く船尾のべランダまでついた部屋が取れ、航路を眺めることも出来、幸いでした。お知り合いになった方の中には乗船8回目と言う方もおいでに 、外国船も悪くないなと思いました。
韓国のツアーは初めての釜山でしたので申し込みましたが、焼肉が人気があるのでしょうが毎度焼肉で、ちゃんとした韓国料理があるのなら、そちらをのぞみたいです。また、今回のツアーは予想外に歩くことが多く満足のいくものではありませんでした。

《兵庫県》Y.Yさま( 80代 女性 )

ゆたか倶楽部コメント

次回、大満足の旅ができることを願います!

「帆船シークラウド」が似合う南仏リビエラ海岸

シークラウドⅡ、絵画や写真でしか見た事がなく青空の下に地中海の紺碧の海と真白な船体と帆。冠雪の南アルプスの山々、その手前に独特の色の建物の屋根と壁の色にうっとりしました。
町中を歩くと、一軒一軒異なり、レストランや土産店の頓智の利いた絵看板を見て、一人くすくす、と。歩きにくい角が丸く減った石畳や狭い階段など登りつめた後にジョークのあるのを見ると疲れも忘れました。パリをはじめヨーロッパ各地から素晴らしい美しいこの小さな町へ避暑に芸術家たちが訪れ、美味しい葡萄酒を酌み交わし芸術論に花を咲かせ、シャガール、マチス、ピカソ等を輩出するに相応しい村が印象深く感じました。
シークラウドⅡの船室は想像よりも広くメインダイニングも落ちつき、大変美味しい食事でした。帆船の狭い廊下や出入り口での擦れ違う時外国人は譲られ、ひと事礼を申すと笑を浮かべることが自然と身に付いている「互譲」も学び「笑顔」と共に私共のお土産となりました。

《東京都》O.Kさま( 70代 男性 )

ゆたか倶楽部コメント

 読んでいるだけで目に浮かぶ景色にうっとりします。

風とロープに魅せられて

かつて帆船模型作りに没頭していた頃から「いずれは本物に」と念じておりましたが、なかなかタイミングが合わず乗船する機会を逸してきました。今回のプランは航路も季節も理想的だったので迷わず応募したところ、期待に違わず素敵な船旅をエンジョイすることができました。
初夏の地中海を想定して準備して行きましたので、念のためにと入れておいたセーターに出番があろうとは夢にも思いませんでした。後半はお天気も持ち直し、ハイライトのセールセットも、総帆展帆こそ実現しませんでしたがフォアロイヤルやスカイセールなどマスト最上端の帆までが張られ、海上のゾディアックからは見事な姿を鑑賞することができたので大いに満足しております。もう一つのセールスポイントのディナーはサービスや演出にも心遣いが感じられ、流石だなぁと感激しつつ、おかげで毎晩おいしく完食いたしました。
このクルーズでは大型船が立ち寄らない小さな港町への寄港が多く、なかなか訪れる機会のない小さな街をいくつも見ることができました。初めて訪れた街ばかりでしたが、それぞれに地元の生活を垣間見ることもでき、大変興味深い経験になりました。時間にゆとりがあれば、もっと路地の奥までぶらぶら歩きがしたいなぁ~と少々残念に思えたほどです。
シークラウドの母港はバレッタの由、次の機会にはアドリア海やイオニア海、エーゲ海などもう少し東の方へも足をのばしたいと考えているところです。 ご同行の皆さまには楽しい時間をご一緒させていただき、誠にありがとうございました。また、添乗員さんにはいろいろとお心配りをいただき、御礼申し上げます。

《兵庫県》I.Kさま( 70代 男性 )

ゆたか倶楽部コメント

小さな港町の人々の暮らしを垣間見るのは、とても貴重な体験ですね。

船上で平成最後と令和を迎えた事を貴重な思い出に

船名
クィーン・エリザベス
ツアー
ゴールデンウィーク 広島・釜山・長崎8日間
ツアー期間
2019年04月28日~2019年05月05日

どこをみても、日本人ばかりだが横浜発着で助かる。いくつかの海外船経験はあるがスケールがことなり歩きがいがあった。
オプショナルツアー(OP)は原爆ドームと資料館。後者は時間の都合で中止し、宮島厳島へ。フェリーで向かう途中、宮島や厳島神社が混む程の人の数、勿論大鳥居の周囲も同様だが真下まで行く目的は達成した。今回日程を重視で申し込みOPへ参加したが、妻の戦死した祖父は広島宇品港より出帆。当初は無意識 であったが後に運または縁なのか……。今回はそんな機会でもあった。英語があまり話せないが、外国人夫妻と話す機会があった。持参した日本国旗のピンバッチをプレゼントするととても喜び交流をはかれた。
最後に一般参賀には行けなかったが、平成最後と令和初日をQEから祝ってもらえたことは貴重な思い出と記念となった。(H.Y様 男性40代)

********************************

あっという間の8日間のクルーズであった。念願のQEに乗船したら思い残す事はないと言ったもの、やはりクルーズ欲は増すばかりである。今回は宮島で平成最後のご朱印を頂き、船上で令和を迎えた事も人生の良き思い出となった。船内では以前別の客船でお見かけした方々と交流でき色々な情報を聞く事が嬉しく楽しかった。釜山での寄港・観光したことは数回あるものの、今回お見かけしたNさん、Aさんに声をかけて頂き初上陸。街中を散策しながら釜山の一部を知る機会を得た。長崎さるくでは「亀山社中」など、チャーミングな添乗員の山崎さんはじめ数人での見学だったのでゆっくりわきあいあいとできよかった。船内はどこへ行っても椅子があり、寛げ、見どころ満載。ディナーレストランでテーブルを共にした方々とも話に花が咲き総てに感謝の気持ち。
1つ後悔したのは、ダンスホールでステキな紳士に声をかけてもらったがダンス未経験の為おことわりした事。次回は挑戦したい。体調面で不安があったが充実したクルーズを過ごせた。出会った皆様有難う。(H.M様 女性40代)

《東京都》H.Yさま( 40代 男性 )

ゆたか倶楽部コメント

次回もお元気でご乗船なさってください!

クイーン・エリザベスに乗船することを目的に!

船名
クィーン・エリザベス
ツアー
ゴールデンウィーク 広島・釜山・長崎8日間
ツアー期間
2019年04月28日~2019年05月05日

あのクイーン・エリザベスが初めての横浜発着と知り、早速娘と申し込んだ。足が痛い私にとっては、何よりのニュースだ。
当日、晴天に恵まれ大黒ふ頭に停泊している船の威容に、心が躍った。今回のクルーズは、観光というよりはクイーン・エリザベスに乗船することを目的とした。内部はゆったりとした佇まいで、とりわけ三層吹きぬけのグランドロビーは優美で見事だ。各所の格調ある趣きに魅せられた。食事も選択の幅が広く、時間をかけてゆっくり頂けた。特に夕食のメインは、一寸変わった盛りつけなどが興味深かった。ただ私には常に量が多すぎ、昼食はほとんどパスしたのがちょっと残念だ。
4月30日、平成から令和に替わる改元のカウントダウンが深夜0時に催され、大勢で参加、祝福したことは思い出深い。
今回、素敵な日々の中、船旅なのに船中で何回か行列に並ばされたことには、少し不満が残る。それだけ乗客に人気があったということか。次回はもう少し混まないことを願って。

《神奈川県》M.Eさま( 80代 女性 )

ゆたか倶楽部コメント

大人気のクイーン・エリザベス、次回は混雑が緩和されているといいのですが。

心待ちのクイーン・エリザベスで迎えた「令和」

船名
クィーン・エリザベス
ツアー
ゴールデンウィーク 広島・釜山・長崎8日間
ツアー期間
2019年04月28日~2019年05月05日

2年前に予約を入れた際、この航海中に元号が変わることなど想定しておらず、劇的な時代の変化が起きる時に乗船している場合か!? とキャンセルを考えたのは私だけではなかったろう。が、この杞憂は見事に覆された。「令和」をクイーン・エリザベスの船上で迎えられたことで、この瞬間がいつまでも活きた記憶となることは間違いない。
皇位継承儀式はBSテレビを通じて日本と同じ時刻に感動を抱いて見ていた。加えて、船上ではサイモン船長により「令和祝賀会」が開催され、バンド演奏でダンスを楽しむ中カウントダウンが始まり、24時になると「令和」の文字が幕に投影され、シャンペンで乾杯という粋な計らいが展開された。翌日にもガラパーティでは特別の祝賀メニューが振舞われ、ロブスターのグリルに人気は集中した。
今でも5月1日の特別メニューカードは良き令和の想い出として手許に置いている。嗚呼、あの時キャンセルをせずに本当に良かった!!(K.K様 男性60代)

******************************

今年のGWは2年前に予約した憧れのクイーン・エリザベス号で過ごした。エリザベス女王の肖像画が掲げられた優美でクラシカルな英国ムード漂うその船で8日間。美味しく楽しい食事、アフタヌーンティ、ショーにダンス、プールとワクワク&ドキドキ過ごした。
平成から令和のカウントダウンパーティーや、その翌日の改元祝賀パーティーは、感激の忘れられぬ令和への華やかな船出となった。
寄港地、釜山ではオプショナルツアーで慶州の世界遺産巡りに参加した。歴史ある寺院や緑さす美しい風景も然る事ながら韓国人ガイドの林さんのお話が心に強く残った。新羅の華厳宗僧侶元暁の言葉「一切唯心造」。
螺旋階段を持つ素敵な船中の図書室では大海原を眼前に優雅な気分で読書ができ、大切な一冊と出会えた。
乗船中に次の予約を入れた。また心待ちの日々が始まった。2年前のあの時と同じように!! (K.Y様 女性50代)

《愛知県》K.Kさま( 60代 男性 )

ゆたか倶楽部コメント

船上での令和の始まり、一生の思い出ですね。

楽しい思い出がいっぱいの旅

船名
クィーン・エリザベス
ツアー
ゴールデンウィーク 広島・釜山・長崎8日間
ツアー期間
2019年04月28日~2019年05月05日

クリーン・エリザベスは一度は乗船したいと思っていたので、2年前、ゆたか倶楽部より届いたパンフレットで横浜港発着を見つけたときはすぐに申し込みました。
出発日の4月28日は、その後に決まった10連休真っ直中で心配しましたが、新幹線は逆方向ということもあってか空いていました。しかし、新横浜駅構内や関内駅前は人であふれていました。横浜情報文化センターでシャトルバスに乗ったとき、海の渋滞はないにしても広島、長崎観光はどうなるかと思っていると目の前にクイーン・エリザベスが現れました。
横浜港大黒ふ頭客船ターミナルで手続きを済ませて乗船したときに私たちを迎えてくれたのは赤と黒でつくられたキュナード(クイーン・エリザベス)の制服を着たクルー。船内の3階建ての劇場、デッキ2層分の天井からシャンデリアが輝くクイーンズ・ルームなど素敵な施設を目の当たりにして多くの人が憧れるわけが分かりました。
食事は日本人が多かったことからでしょう。味噌汁にご飯、漬け物、マグロの刺身、スモークサーモン、鉄火巻き、ラーメン、そばなどの日本食があり、味付けも良かったのでおいしくいただきました。
心配したドレスコードもダークスーツの人も多く、引け目を感じることもありませんでした。心配した連休の為の混雑も広島平和記念資料館へ入場する時に40分かかった以外は、交通機関は路 面電車を使い、後は歩いて観光地巡りをしたこともあり、時間を無駄にするようなことはありませんでした。
ところで、何と言っても良かったことは、夕食の時をはじめ、朝食、昼食時に席が一緒になった人たちといろいろと話ができたことです。おかげで旅の楽しい思い出がいっぱいできました。ありがとうございました。

《愛知県》M.Tさま( 70代 男性 )

ゆたか倶楽部コメント

クルーズでの旅仲間との出会いも宝物ですね。

1人でも楽しいクルーズに

船名
クィーン・エリザベス
ツアー
ゴールデンウィーク 広島・釜山・長崎8日間
ツアー期間
2019年04月28日~2019年05月05日

父と行くはずだったQEクルーズは、体調不良により父はキャンセルに。1週間前ということもあり他に同行者を探すことも難しく、私1人での出航となりました。
元々私は一人旅どころか、1人で外食することもままならない小心者。英語だって「A little bit. (ほんの少し)」話せる程度ですから、ドキドキです。
ハプニングの始まりは、レストランでの席番が書かれたディナーカードが届かなかったこと。添乗員さんに催促してもらって届いたカードを持ってレストランへ向かうと、案内されたテーブルに着席していたのは外国人の方々だったのです!キョロキョロ見渡しても助けてくれる人は見当たりません。こうなったら腹をくくるしかない!と拙い英語とスマホの翻訳アプリを見せ合ったりして何とかディナーを終えることが出来ました。緊張で食事の味はわかりませんでしたが。
初日からビックリ体験をしてしまった私は、肝が座ってしまい、積極的にクルーと挨拶したり、自由を謳歌しました。他人と時間を合わせることもないので、夜遅くまでダンスをして、夜食を食べて次の朝は遅くに起きる。ショーや映画も1人なら席を確保しなくても空いていればさっと座れる。食事はレストランへ行けば(アクシデントがなければ)同じツアーの方達と一緒に食べられますから寂しくない。ジャグジーに浸かりながらお話をしたり、プールサイドで読書をしたり、一人旅の方と仲良くなったりと、「1人ってなんて自由で楽しいんだろう!」ですので例え同行者が行かれなくなった場合でも、臆さず参加することをオススメします!

《東京都》T.Kさま( 50代 女性 )

ゆたか倶楽部コメント

1人での船旅を満喫されたようで、とても嬉しく思います。

八丈島の春

ツアー
橘丸 のんびり八丈島一周4日間
ツアー期間
2019年04月27日~2019年04月30日

羽田空港で飛行機から降りた時、こんなにも空気が臭かったのかと感じました。しかしそれもつかの間、今では何もにおいません。また、帰ってからしばらく目がよく見えるような気がしていました。針に糸が通せたのです‼私は歳を重ねるにつけ自然の暮らしに憧れますが、田舎に暮らすとなると大変なことが多く、「こんなはずではなかった‼」などと後悔するのかもしれません。
今回の八丈島は短い日程ではありましたが、大変満足しております。初めての八丈島でしたのでどれもこれも印象的でしたが、中でも明日葉とフェニックスが印象に残っています。添乗員の松浦さんの地元にまつわるお話など面白かったです。次こそダイビングしたいと思っています。

《千葉県》K.Wさま( 50代 女性 )

ゆたか倶楽部コメント

田舎の良さを味わいに、またぜひご乗船ください。  

ページトップへ