お客様の声

初(八)丈島

ツアー
フェリー「橘丸」 のんびり八丈島一周4日間
ツアー期間
2018年12月30日~2019年01月02日

国内にいるのに年末年始を自宅以外で過ごしたのも初体験でした。毎年毎年の忙しい慌ただしい日々だったのがなんと穏やかでゆったり!すっかり味をしめた状態。毎年行き先も変化し、様々な年末年始を楽しめたらいいなと夢見ています。今回は当初1人参加の予定が急遽3世代となり、9歳を迎えたばかりの孫が充分楽しみ、平均年齢を下げる事に貢献できたことが意外な驚きでしたし、きっと1人参加は淋しかったかも?とはまったく考えもしなかったことです。ガイドさんよりいただいたセイロンベンケイソウの発芽に期待しつつ、水やりの毎日です。

《静岡県》I.Rさま( 70代 女性 )

ゆたか倶楽部コメント

船上で迎える新年は格別ですね! またぜひご乗船ください。

クリスマスムード満点でした

船名
ぱしふぃっくびいなす
ツアー
クリスマスキラキラクルーズ
ツアー期間
2018年12月24日~2018年12月26日

今年のクリスマスはどのように過ごそうかと考えていたとき、このクルーズが目にとまりました。船上でのクリスマスを経験したことがなかったので、今年はクルーズで過ごそうと思いました。いくつかあるクリスマスのクルーズの中でも比較的長く滞在できることと、なばなの里のイルミネーションも見学できるので、クリスマスにはぴったりだと思い乗船しました。クリスマスクルーズということで、小さいお子さんを連れた家族も見受けられました。船内は、クリスマス飾りがあちらこちらにされ、イベントもクリスマスバージョン。まさにクリスマスムード満点でした。食事面では、とくに夜食の種類が多いと思いました。次は違う船のクリスマスクルーズにも乗船してみたいと思っています。

《山梨県》O.Yさま( 60代 女性 )

ゆたか倶楽部コメント

船上のクリスマスを満喫されたようで何よりでした。今年のクリスマスクルーズが待ち遠しいですね。

駿河クリスマスクルーズに参加して

船名
飛鳥Ⅱ
ツアー
冬の駿河クリスマスクルーズ
ツアー期間
2018年12月20日~2018年12月22日

師走も後半になると街中がクリスマスのイルミネーションで華やかになる季節となるが、「飛鳥Ⅱ」船内でも恒例の行事で“まばゆい輝きに満ちて、心ときめくロマンチックなひととき”となった。
クルーズは、比較的波が静かな「相模・駿河湾」をゆっくりと周遊するもので、船上からは一年で最も美しい冠雪をした名山「富士山」の遠望を眺められるのが本航海の大きなポイントの一つである。
船内では、工夫をこらした「クリスマスの飾りつけ」に加えて、毎年注目されるパティシエが作り上げたアイデアいっぱいの大きな「特製創作デコレーション:お菓子の家」がメイン・ダイニング前に展示されて脚光を浴びていた。
「飛鳥Ⅱ専属のプロダクションショー」は、クリスマス限定の有名な「シネマ」と新作の「クリスマススペシャル・バージョン」での「ワンダフル・クリスマス」をテーマにした演出であった。世界各国から集まった12名の歌手・ダンサーらの心に響く歌声に、ダイナミックなダンス・パーフォーマンスは、とても見応えのある豪華で華麗な演出で、この誠に見応えのあるショーは乗船客を充分満足させ楽しむことができた内容であった。
さらに、夜は「瀧淳一」総料理長がフランスまで出かけて、フォアグラ、トリュフ、モリーユ茸、ポロ葱などの珍しい食材を豊富に取り入れた創意溢れる「スペシャルディナー」であった。特筆すべきは、料理内容が挿絵で紹介されたレシピがテーブルに用意されるサービスがあったことで、このアイデアを含めて内容の充実した「クリスマス晩餐会」をエンジョイすることができた。

《東京都》I.Hさま( 80代 男性 )

楽しかった青春を思い出し!

船名
飛鳥Ⅱ
ツアー
Xmasグループサウンズクルーズ
ツアー期間
2018年12月10日~2018年12月12日

飛鳥Ⅱでグループサウンズ。やっといける!犬たちはホテルに預け、大さん橋に。今夜はフォーマル。ちょっとおしゃれをして、船上のショーを見に。クリスマスだから華やかで衣装もきれい。とても素敵なショーを見る。ディナーの席についた。素晴らしいお料理。料理長さんがご挨拶にまわってきて、とてもおいしいと申し上げました。楽しく美味しくと、作る方々の気持ちが入っていました。
2日目は11階でおやつをいただいていたら、横を通るのは鳥塚しげきさん。行ったり来たり忙しそう!その後、植田芳暁さんと島英二さんも軽食を注文してる。「写真お願いできますか?」「いいですよ」と感じよく撮らせてくれ、見ていた人たちも並んで写真撮影になってしまった。「楽しみにしています」と言ったら、笑って手を振ってくれた。2人はアイスクリームも選びに来てた。早めに会場に行ったつもりでも、すごいたくさん並んでいる。まあ聞こえれば良いかと真ん中あたりに座れた。皆、同じような年頃。あの時代の人たち。オープニングの曲はワイルドワンズ植田さんのアニタ!で始まり、最初から盛り上がる。植田さんはドラムを叩きながら盛り上げ、次々と流れる曲は今でも口ずさめるものばかり。思い出の渚、小さなスナック、長い髪の少女、北国の二人。周りも皆、歌ってる。すごい。観客と一体になっている!手を振り、手拍子、合唱して、ゲストも喜んでいる! 汗びっしょりになっている。舞台と客席とがこんなに盛り上がり、最後はブルーコメッツのブルーシャトウを全員で大合唱。まさか飛鳥Ⅱでグループサウンズができるとは思わなかったと三原綱木さんが。「また、やりたい♪」って。観客も「また、見たい!」と答えた。 上田さんが健康でいなければって。皆が50年前に戻り、楽しかった青春を思い出し、来年も参加できるよう健康でいなくては!

《神奈川県》S.Kさま( 70代 女性 )

ゆたか倶楽部コメント

盛り上がりが伝わってきます!健康でいなくてはですね。

孫、娘、私の3世代で参加しました

船名
飛鳥Ⅱ
ツアー
Xmasグループサウンズクルーズ
ツアー期間
2018年12月10日~2018年12月12日

こんにちは! 船にハマって13年、毎年何かしらの船に乗って楽しませていただいております。13年前にいきなりボイジャーに乗り、カリブ海クルーズ。これが船旅の始まりになりました。その時に知り合った方々10人ほどとは今も交流があり、一緒に船に乗ったり、銀座に出かけたり年3・4回会います。1つの目的はダンスをして、その後食事会をして、次の計画を話し合い、楽しいひとときを過ごします。
今回は12月10日~12日のクリスマスクルーズに、孫の大学卒業・就職祝いで、ぜひ船に乗りたいと言う希望で、グループサウンズに孫・娘・私の3世代で参加いたしました。ちょっと年代が開いておりますので、孫にはいかがかと思いましたが、3人で大きな声で声援し、大いに盛り上がり、楽しみました。その後、ダンスでも孫も挑戦して楽しんでおりました。
3世代で飛鳥Ⅱに乗り、今までとは違った一生の思い出のクルーズになりました。今年19年4月には、クイーン・エリザベスに乗る予定で楽しみにしています。

《神奈川県》S.Sさま( 70代 女性 )

ゆたか倶楽部コメント

お孫さんのお祝いでの3世代でのクルーズ、よい思い出になりますね。

船旅をしてみたく、参加

船名
レディアンス・オブ・ザ・シーズ
ツアー
美しきニュージーランド紀行
ツアー期間
2018年12月10日~2018年12月22日

私たちは何度か海外旅行に行っていますが、一度船旅をしてみたく、いろいろ調べて今回の旅行に決めました。はじめは船酔い、食事、ドレスコードなど少し不安でしたが、どれもクリアできました。意外にも主人が1日目に船酔いしたのには心配しましたが、だんだん慣れたようです。イベントにもはじめは参加できずにいましたが、同じグループの方に誘われ楽しむことができました。特に毎夜のショーを楽しみました。ビートルズやマイケルジャクソンのものまね、特にマイケルは3回も見てしまいました。観光ではピクトンの街の素朴さ、お土産屋さんのおばさんの優しさ、ポフツカワの花の美しかったことが印象に残ってます。クライストチャーチではエイボン川のパンティングでは少しの時間でしたが、何の音も聞こえず本当にのんびりしました。フィヨルドは最後のミルフォードサウンドが雄大で素晴らしかった。グループの方とも仲良くなれ、また外国の方とも片言の英語で話もでき、とても楽しかったので、また旅を計画しています。

《埼玉県》I.Aさま( 70代 女性 )

ゆたか倶楽部コメント

またのご参加をお待ちしております。

参加できてよかったです

船名
レディアンス・オブ・ザ・シーズ
ツアー
美しきニュージーランド紀行
ツアー期間
2018年12月10日~2018年12月22日

このたびレディアンスでニュージーランドのクルーズに参加しました。一度は行ってみたいと思っていましたが、体が思うようにいかず無理かなぁと思って諦めていたのです。ゆたか倶楽部の皆さんの助けもあり、行ってこられてよかったです。豊かな自然、穏やかな町並み、時がゆっくり流れている国かな……。フィヨルドランド国立公園の素晴らしいことを添乗員さんがこまめに情報を教えてくださり良い景色が見られました。ほかでもいろいろ心配していただき感謝いたします。
船の中には夏休みとかで子供さん達が多く、おしゃれをしたプリンセスとジェントルマンの可愛いこと。楽しいショーやイベント、クリスマスに出会えたのも期待していなかった出会いでした。最後にグループの方々にもよくして頂いてよかったです。

《兵庫県》N.Tさま( 70代 男性 )

ゆたか倶楽部コメント

楽しい旅になってよかったです!

2度目のニュージーランド

船名
レディアンス・オブ・ザ・シーズ
ツアー
美しきニュージーランド紀行
ツアー期間
2018年12月10日~2018年12月22日

昨年の7月ごろ、いつも一緒に旅する姉から珍しく行きたいところがあると誘われました。ニュージーランド一周と言う内容でした。ニュージーランドには平成12年に飛行機でのツアーで訪れたことがあり、それが思ったより楽しく、いずれもう一度行ってみたいと思っていました。その時は今回入っていなかった内陸の方(マウントクックの麓やテカポ湖や砂金採りなど)に行きました。今回のツアーにもエイボン川の川下りが入っていました。
前と同じでつい笑ってしまったのが、クライストチャーチでお邪魔したマイケルさんの「キウイハズバンド」ぶりでした。これは旦那様も家では家事も子育てにも積極的に参加するということ。前の旅の時もバスで到着したら旦那様が子供をおんぶして迎えてくれ、ニコニコと接客してくれたことを思い出しました。今回もやさしい方でした。
クルーズで1周も最後に懐かしいフィヨルドに海から入っていったのが貴重な体験でした。皆さんお世話になりました。

《東京都》U.Kさま( 60代 女性 )

ゆたか倶楽部コメント

「キウイ」はオスが子育てをする鳥の名前なんですよね。

2つの船で米寿の祝い

船名
ダイヤモンド・プリンセス
ツアー
【横浜発着】陽気に沖縄・台湾9日間
ツアー期間
2018年11月29日~2018年12月07日

11月30日に米寿を迎える主人にお祝いできる船を探していたところ、寄港地が名古屋・大阪・那覇・基隆(台北)9日間、11月29日発のダイヤモンド・プリンセスの船が見つかりました。オプショナルツアー中は暖かく、天候に恵まれ、徳川美術館では源氏物語絵巻の特別展示も見られ、徳川庭園では紅葉も見頃でした。大阪寄港の時は、京都、嵐山、天龍寺から竹林を通り大河内山荘と久々に京都の美しい紅葉を見て、三十三間堂を訪れました。沖縄では斎場御嶽とガンガラの谷を8500歩ほど歩いたのですが、アップダウンがあったので、今の私の体力では次回は無理と感じました。台北では龍山寺、中正紀念堂、市内観光といずれも良かったです。
この船で一番印象に残ったのは、夕食後のショーの時間前にセレモニーがあり、年齢の高い方が残るように、60歳以上、70歳以上、80歳以上と人数を減らしていき、最後に残ったのが主人でした。司会者の方から「おめでとうございます」とシャンパンのプレゼントがありました。700人近い観客の皆様からはお祝いの拍手を頂き、感激いたしました。
7日後には12月15日の熱海海上花火大会を見るために、にっぽん丸に乗船しました。ここで日本らしい米寿のお祝いができました。友人夫婦からはワインのプレゼントがダイニングに届き、ゆたか倶楽部からもワインがお部屋に届き、とっても嬉しかったです。
今回、2つの船で喜びが重なり、とても思い出に残る良いクルーズとなりました。4月19日からは友人ご夫婦とクイーン・エリザベスに乗船することになっています。健康に気をつけ、今後も楽しく船旅を続けたいと思っております。

《東京都》Y.Mさま( 80代 女性 )

ゆたか倶楽部コメント

ご主人の米寿おめでとうございます。これからもお二人でのご乗船お待ちいたしております。

★ダイヤモンド・プリンセス 「夢のような時間を、ずっと。」※プリンセスクルーズのYouTubeチャンネルにジャンプします。

記念のクルーズ

船名
ダイヤモンド・プリンセス
ツアー
【横浜発着】陽気に沖縄・台湾9日間
ツアー期間
2018年11月29日~2018年12月07日

今回は私の誕生日と結婚45周年記念日が旅行中に入っていたので、ダイヤモンド・プリンセスに乗船しました。寄港地にはすでに何回も行っており、オプションには参加せず、町中の散策や船内を楽しむつもりでした。ラジオ体操から1日が始まり、ズンバや盆踊り、各種教室、社交ダンス、汗をかいたらプールやジャグジーに入ると、もうディナータイムであっという間に1日が終わり、家にいるより規則正しい生活です。主婦の私は、これだけ好きなことができて自由な時間があるのが魅力です。
船旅は平成23年7月のプリンセスでのアラスカクルーズでデビューして、氷河やホワイトパス&ユーコン鉄道に乗車。大自然を満喫してとても楽しい旅だったので、それまで船旅は敷居が高く乗れませんでしたが、一気にクルーズが好きになり、旅友もできて誘われるがままに旅行したら20回目になりました。まだまだ行きたいところがあるので、健康で頑張ろうと2人で話しています。

《東京都》S.Tさま( 60代 女性 )

ゆたか倶楽部コメント

誕生日と結婚記念日での乗船は思い出深いものになりますね! またの乗船をお待ちしています。

ページトップへ