プレミアム客船ザーンダムで航く 南太平洋の楽園ニューカレドニア・バヌアツ・フィジークルーズ

ツアーのポイント

◆ベストシーズンの南太平洋の島々をプレミアム客船「ザーンダム」で巡る旅を低価格で実現しました!
◆チャイナエアラインとホーランドアメリカラインとゆたか倶楽部の3社による特別企画!乗下船地シドニーまで往復ビジネスクラス(往復台北経由)を利用して19日間でなんと内側388,000円からと大変リーズナブルな旅行代金です。ヌーメアとラウトカでは専用車による寄港地観光が付きます。
◆寄港地には、天国に一番近い島ニューカレドニアの首都「ヌーメア」、海の宝石箱と称され世界遺産の海に浮かぶ「イル・デ・パン島」、南太平洋最後の秘境バヌアツの首都「ポートビラ」、笑顔の楽園「フィジー諸島共和国」の「ラウトカ」「ドラブニ島」など一度の旅で南太平洋の島々を堪能できるクルーズだからこそ実現できたコースです。
◆クルーズ前後にシドニーに宿泊し、世界遺産ブルー・マウンテンズ国立公園と世界遺産オペラハウスにご案内いたします!

旅行日程・代金

 2011年12月07日(水) ~ 12月25日(日)
成田空港発着 19日間

旅行日程

各日をクリックタップすると詳細がご覧いただけます。

日程 日付 寄港地
1 12月7日(水) 成田/台北

食事

寄港地 現地スケジュール
成田/台北 夕刻 成田よりチャイナエアラインビジネスクラスにて空路✈台北へ。
台北着後、乗り継ぎ。チャイナエアラインビジネスクラスにて空路✈シドニーへ。
【機中泊】
2 12月8日(木) シドニー(オーストラリア)

食事

寄港地 現地スケジュール
シドニー(オーストラリア) 午後 シドニー着後、専用車にて市内車窓観光。
夕刻 ホテルへ。
【シドニー泊】
3 12月9日(金) シドニー(オーストラリア)

食事

寄港地 現地スケジュール
シドニー(オーストラリア) 午前 シドニー市内観光。(ミセスマッコリーポイント、世界遺産オペラハウス内見学)
正午 「ザーンダム」にご乗船。 昼食は船内にて。
18:30

出港

【船中泊】
4 12月10日(土) 終日航海

食事

寄港地 現地スケジュール
終日航海 添乗員が船内をぐるっと一周ご案内いたします。
お一人様1回船内のスペシャリティ有料レストラン「ピナクルグリル」にご招待いたします。詳しくは乗船後、添乗員がご案内いたします。
【船中泊】
5 12月11日(日) 終日航海

食事

寄港地 現地スケジュール
終日航海 船内イベントなどお楽しみください。
【船中泊】
6 12月12日(月) ヌーメア(ニューカレドニア)

食事

寄港地 現地スケジュール
ヌーメア(ニューカレドニア) 08:00

入港

専用車にてヌーメア市内半日観光にご案内いたします。ローカルな雰囲気が味わえる朝市を見学。その後、ヌーメアを一望できる「FOLの丘」、ヌーメアの街の南端に位置する標高130mの「ウアントロの丘」にご案内いたします。
17:00

出港

【船中泊】
7 12月13日(火) 終日航海

食事

寄港地 現地スケジュール
終日航海 船内イベントなどお楽しみください。
【船中泊】
8 12月14日(水) ★ドラブニ島(フィジー諸島)

食事

寄港地 現地スケジュール
★ドラブニ島(フィジー諸島) 10:00

入港

フィジーで3番目に大きな島、別名ガーデンアイランドと呼ばれています。ドラブニ島での滞在をお楽しみください。
※オプショナルツアーの設定はございません。
18:00

出港

【船中泊】
9 12月15日(木) ラウトカ島(フィジー諸島)

食事

寄港地 現地スケジュール
ラウトカ島(フィジー諸島) 08:00

入港

専用車にてフィジアン村とナンディ半日観光にご案内いたします。地元の村でフィジーの伝統的なカバセレモニーと歌と踊りのメケショーを観賞。素敵な笑顔が印象的な素朴な村人たちとのひとときをお楽しみいただきます。フィジー第3の町ナンディの市場や自由散策をお楽しみいただきます。
17:00

出港

【船中泊】
10 12月16日(金) 終日航海

食事

寄港地 現地スケジュール
終日航海 船内イベントなどお楽しみください。
【船中泊】
11 12月17日(土) ルーガンヴィル(バヌアツ)

食事

寄港地 現地スケジュール
ルーガンヴィル(バヌアツ) 08:00

入港

自由行動または《OP》現地村体験ツアー(約2時間/$74)などのオプショナルツアーをお楽しみください。
17:00

出港

【船中泊】
12 12月18日(日) ポートヴィラ(バヌアツ)

食事

寄港地 現地スケジュール
ポートヴィラ(バヌアツ) 08:00

入港


自由行動または《OP》メレガーデン&文化センター(約2.5時間/$49)などのオプショナルツアーをお楽しみください。
17:00

出港

【船中泊】
13 12月19日(月) ★リフー島(ニューカレドニア)

食事

寄港地 現地スケジュール
★リフー島(ニューカレドニア) 08:00

入港

リフー島はロイヤリティ諸島でもっとも大きな島です。藁葺き屋根の家々が島のそこかしこに残り素朴さを保った楽園です。
※オプショナルツアーの設定はございません。
17:00

出港

【船中泊】
14 12月20日(火) ★イル・デ・パン(ニューカレドニア)

食事

寄港地 現地スケジュール
★イル・デ・パン(ニューカレドニア) 08:00

入港

世界遺産の海に浮かぶ島。海の宝石箱と称される「イル・デ・パン」の滞在をお楽しみください。
※オプショナルツアーの設定はございません。
17:00

出港

【船中泊】
15 12月21日(水) 終日航海

食事

寄港地 現地スケジュール
終日航海 船内イベントなどお楽しみください。
【船中泊】
16 12月22日(木) 終日航海

食事

寄港地 現地スケジュール
終日航海 船内イベントなどお楽しみください。
【船中泊】
17 12月23日(金) シドニー(オーストラリア)

食事

寄港地 現地スケジュール
シドニー(オーストラリア) 07:00

入港

シゾニー市内半日観光。(タロンガ動物園にご案内いたします。)、市内レストランにて昼食。早めにホテルへチェックイン。夕食まで自由行動。夕食は和食をご用意いたします。
【シドニー泊】
18 12月24日(土) シドニー(オーストラリア)

食事

寄港地 現地スケジュール
シドニー(オーストラリア) 終日 世界遺産ブルーマウンテンズ国立公園へ。
夕食はシドニータワー内のレストランにて360度シドニーの眺望をお楽しみください。夕食後、空港へ。
チャイナエアラインビジネスクラスにて空路✈台北へ。
【機中泊】
19 12月25日(日) 台北/成田

食事

寄港地 現地スケジュール
台北/成田 台北着。乗り継ぎ。チャイナエアラインビジネスクラスにて空路✈成田へ。
午後 着後、通関手続き後、解散。
詳細情報
  • 食事
    朝食16回・昼食16回・夕食17回(機内食除く)
  • 最少催行人員:15名(添乗員が同行いたします。)
  • 利用予定航空会社:チャイナエアライン(ビジネスクラス)

  • 利用予定ホテル
    【シドニー】ホリディイン、カールトン他同等クラス
  • 《OP》とは船会社主催のオプショナルツアー(有料)です。英語ガイドで外国人のお客様とバスは混乗車となります。添乗員が人気のツアーに同行いたします。
  • ★印はテンダーボート(通船)にて上陸する寄港地です。気象・海象状況によりボートが欠航し寄港できない場合もございます。あらかじめご了承ください。

旅行代金

客室タイプ 料金
内側

シャワー付き
広さ約17㎡

398,000円
(128,000円)
海側

バスタブ付き
広さ約18㎡

438,000円
(148,000円)
ベランダスイート

バスタブ・ベランダ付き
広さ約26㎡

538,000円
(358,000円)
詳細情報
  • 旅行代金の( )は、船室・ホテルを一人独占利用の追加料金。
  • 旅行代金にはポートチャージ(約26,000円)、成田空港施設使用料(約2,540円)、政府関連諸税(約13,000円)、海外空港税(約9,000円)、燃油特別付加料(約50,000円)、船内チップ(1泊11ドル)が含まれておりません。残金と合わせてご請求させていただきます。諸費用は料金改定および為替レート等によって変動します。
  • オーストラリアは電子入国許可(ETAS)が必要です。
  • 片道のスーツケース宅配サービス(お一人様1個)がついています。

寄港地情報

寄港地名をクリックタップすると詳細がご覧いただけます。

シドニー(オーストラリア)

オーストラリア南東部に位置し、ニューサウスウェールズ州の州都。人口約400万を数えるオーストラリア随一の大都市シドニー。英国調の街並みとモダンな高層ビル、緑まばゆい広々とした公園、テラコッタ屋根の住宅、そして入り江を行き交うフェリーなどの景観が見事な調和を見せる美しい町です。シドニー港は広大なオーストラリア大陸への玄関口となっており、「世界の三大美港」の1つに数えられ、多くのクルーズ船が寄港している。シドニーはまた、グルメを楽しむにもぴったりな町です。オーストラリア全土よりありとあらゆる食材が集まり、世界的にも著名なシェフたちが見事な料理を味合わせてくれる。週末には各地でフリーマーケットなどが開かれています。

●周辺の観光地
オペラハウス
ブルーマウンテンズ国立公園
ハーバーブリッジ
ザ・ロックス
ボンダイビーチ
シーライフシドニー

ヌメア(ニューカレドニア/フランス領)

ニューカレドニアの中心都市であるヌメアには、南太平洋のどの島々にも見つけられないお洒落な雰囲気がただよっている。南の太陽に照らされた街にはレモンイエロー、サーモンピンク、ミントグリーン、そしてオフホワイトといった、パステルトーンのビルやコロニアル風の店や住宅などが点在。
それらにアクセントを添えるように原色の花々が先、緑濃い並木が続き、さらに、街のすぐ隣りには白いヨットが係留されたモーゼル湾の真っ青な海が広がる。緑の丘と青い海の間に広がるヌメアは、まるで絵の具をちりばめたパレットを広げたような街。
抜群の透明度とカラフルなソフトコーラルが評判を呼び、世界中から水中写真家がこの島へやってくるほど、ダイビングはお勧め。カジキマグロなど大物の魚を狙えるトローリングや、広大なラグーンでのヨットクルーズも楽しめます。シュノーケリング向きのポイントも、島には少なくない。

ラウトカ(ビチレブ島/フィジー)

「シュガーシティ」の名でも知られるラウトカは、西側は太平洋に面し、東側はサトウキビ畑と松林が広がっています。サトウキビの積み出し港として栄えるフィジー第2の都市。
ママヌザ諸島やヤサワ諸島への定期船やクルーズの出航する拠点で、観光客向けのお土産物店が数多く並んでいます。特にマーケットはナンディよりも規模が大きく、商品も豊富。

●周辺の観光地
タプーシティ
サトウキビ精製工場
マーケット
ベカナ・アイランド

ルーガンヴィル(バヌアツ)

バヌアツ最大の島「サント島」の南東に位置するのがルーガンヴィル。人口は約30,000人、第2次世界大戦中はアメリカ軍の前線基地として栄えました。
1942年5月にアメリカ軍の基地建設が始まり、一度に10万人の兵士を受け入れる巨大な町となった。実際に、1945年9月までの約3年間に約50万人以上の兵士がルーガンヴィルを通過した。町にはカマボコ型の兵舎が並び、5つの飛行場と4つの病院、そして実に40件の映画館があったという。作家ジェームズ・A・ミッチェナー(James A. Michener)が駐屯し、この間島の娘に恋をした彼は、後にミュージカル「南太平洋」(The South Pacific)の基となる「南太平洋物語」(Tales of the South Pacific)を発表した。
 戦争が終わり、アメリカ軍が去った後に残ったものはごみの山であった。アメリカ軍は不要になったブルドーザーやクレーン車、フォークリフト、発電機などをルーガンヴィルの東約10kmの海岸に捨てた。そのごみの価値を見て、地元の人々がミリオン・ダラー・ポイントと名付けた。現在では、サント島のダイビング・スポットの一つとして知られている。

●周辺の観光地
ルーガンヴィル・マーケット
ミッチェナーの家
ブルー・ホール
ロル自然保護地域
ロノック・ビーチ

ポートビラ(バヌアツ)

ポートビラはエファテ島の南西に位置しており、バヌアツで最初に開けた美しい港町で、唯一の国際空港も市街の北約6kmにある。ポートビラの人口は1998年現在の推定で約36,000人、1989年の人口調査では約19,000人とされていたので、ほぼ2倍に膨れ上がったことになる。

この島を最初に訪れたヨーロッパ人はキャプテン・クックで、1774年と記録されている。1800年代に入ると捕鯨船団や白檀を求めてヨーロッパから多くの人々が訪れるようになり、キリスト教の布教も始まった。
1870年代はフランスの進出が目立つようになり、英国との関係が緊張、1886年にはフランス軍がエファテ島の北西のハバンナ港に上陸している。1906年の和解によって、英仏2国による共同統治が開始され、ポート・ヴィラが正式な首都となった。第2次世界大戦ではアメリカ軍が基地を置いたが、旧日本軍の侵攻はここまでは及ばなかった。

ポートビラの市街は、馬蹄形をしたヴィラ湾に突き出した半島の付け根に位置する南北3km、東西200mほどで、繁華街と呼ばれるのはクマル・ハイウェイ沿いの1kmほどである。繁華街を一歩外れると、そこはのどかな田舎の表情を持つ南の島で、シャイで優しい表情の人々に会える。

●周辺の観光地
カルチャーセンター
独立公園
フレンチの丘
バヌアツ国立博物館
ポートビラマーケット
メレ・カスケード
ザサミットガーデンズバヌアツ
エカサップ村

リフー島(ニューカレドニア)

リフー島はロイヤリティー諸島でもっとも大きな島。沖縄本島とほぼ同じ面積と聞いて驚く人も多いことでしょう。この島を訪れる人はだれでも、自然のダイナミックな造形の素晴らしさに胸うたれるに違いありません。人気のない純白のビーチ、そそり立つ絶壁、カラフルなソフトコーラルが怪しく揺れる海中世界。藁葺き屋根の家々が島のそこかしこに残り、素朴さを保った楽園です。静かに寄せる波の色にも眩しいばかりの輝きがあります。アクティビティーとして特筆すべきはダイビングとトローリング。リフー島のダイビングはカラフルなソフトコーラル、抜群の透明度、魚影の濃さなど、世界中のダイバーから賞賛されています。多種多様な南の島の魅力を秘めたリフー島で、美しい海を満喫してください。

●周辺の観光地
ドキンの絶壁
ナタロの大酋長の家
エアショ
ウェの教会
ロンガニ・ビーチ
チョジュの断崖

イル・デ・パン(ニューカレドニア)

南太平洋の宝石箱とたとえられるイル・デ・パンは、あらゆる旅人を魅惑する島です。言葉では表現しつくせない海の美しさ、南洋杉が立ち並ぶ静寂感、住民の温かい挨拶が旅人の心を和ませます。今でも漁に使用される帆掛け舟(ピローグ)に乗ってみてはいかがですか。青海原を見つめて我を忘れている間、爽やかな風が優しくあなたの頬を撫でてくれます。その後はビーチを素足で歩いてみましょう。きめ細かな白砂に足をおいた瞬間は、もっとも忘れがたい思い出になるはずです。また水中マスクをつけてサンゴ礁をのぞいてみると、色とりどりの魚たちがあなたを歓迎してくれるでしょう。
もしビーチでのんびりするのに飽きてきたら、島内観光に出かけてみましょう。小型バスに揺られて島を一周する間に、写真集をめくるように次々と風景が現れます。クトからカヌメラへ、バオからサンモーリスへ、そしてウピ、オロへ…。目に焼きついた景色は決して色褪せることがないでしょう。

●周辺の観光地
ピッシンヌ・ナチュレル
クト・ビーチ
カヌメラ・ビーチ
バオの教会
ウピ
オルタンスの洞窟
サンモーリスの記念碑
流刑者収容所跡
オロ湾
ンガ山トレッキング・コース

客船情報

ザーンダム

ザーンダムは2000年就航の、フォーレンダムの姉妹船です。この船のテーマは“音楽”。装飾には有名な音楽家の写真や楽器、また音符をアレンジした壁紙の刺繍等が施されています。3層吹き抜けのアトリウムには真っ白なからくり仕掛けのパイプオルガンがそびえ、時間になるとからくり人形と共に、音楽を奏でます。

船名 ザーンダム 総トン数 61,396t
就航年 2000年4月 乗客定員 1,432名
乗組員数 607名 全長 237m
全幅 32.25m 船籍 オランダ

取消料金

取り消し日 区分 取消料
旅行開始日前日から起算してさかのぼって 91日前まで 無料
90日前から64日前まで 旅行代金の15%+ポートチャージ
63日前から43日前まで 旅行代金の25%+ポートチャージ
42日前から22日前まで 旅行代金の37.5%+ポートチャージ
21日前から出発当日まで 旅行代金の50%+ポートチャージ
旅行開始後、又は無連絡不参加 旅行代金の100%+ポートチャージ

検索結果に戻る

ページトップへ