2023/5/6 クイーン・エリザベス 北海道とウラジオストク10日間 Cコース

ツアーのポイント

【ツアー登録日:2021年7月14日】

180年の歴史と伝統を持つ英国の名門船会社キュナード・ライン。
その系譜を継ぐクイーン・エリザベスの2023年横浜発着クルーズ。
春・新緑の季節に日本列島の名所を訪ねます。

> 電子カタログはこちら
※カタログは約10MB容量のため通信環境によりダウンロードにお時間がかかりますのでご注意ください。
QE23年

> クイーン・エリザベスの「お客様の声」はこちら

「クィーン・エリザベス」のご紹介【英語版】
(Cunard LineのYouTubeチャンネルにジャンプします。)


キュナード体験へようこそ!【日本語版】
(Cunard LineのYouTubeチャンネルにジャンプします。)


仮予約問い合わせフォームはこちら
※お問い合わせ・ご要望欄に出発日・クルーズ名・希望客室・人数等を入力ください。ご希望を確認の上、担当者よりご連絡させていただきます。こちらのフォームでのお問い合わせは仮予約となり、正式予約ではございませんので予めご了承ください。

旅行日程・代金

 2023年05月06日(土) ~ 05月15日(月)
横浜発着 10日間

旅行日程

各日をクリックタップすると詳細がご覧いただけます。

日程 日付 寄港地
1 5月6日(土) 横浜

食事

寄港地 現地スケジュール
横浜 午後 乗船。
19:00

出港

出港。【船中泊】
2 5月7日(日) 終日航海

食事

寄港地 現地スケジュール
終日航海 終日 終日クルージングにてお楽しみください。【船中泊】
3 5月8日(月) 函館

食事

寄港地 現地スケジュール
函館 06:00

入港

入港。自由行動またはオプショナルツアーでお楽しみください。
19:00

出港

出港。【船中泊】
4 5月9日(火) 終日航海

食事

寄港地 現地スケジュール
終日航海 終日 終日クルージングにてお楽しみください。【船中泊】
5 5月10日(水) ウラジオストク

食事

寄港地 現地スケジュール
ウラジオストク 05:00

入港

入港。自由行動またはオプショナルツアーでお楽しみください。
18:00

出港

出港。【船中泊】
6 5月11日(木) 終日航海

食事

寄港地 現地スケジュール
終日航海 終日 終日クルージングにてお楽しみください。【船中泊】
7 5月12日(金) 小樽

食事

寄港地 現地スケジュール
小樽 06:30

入港

入港。自由行動またはオプショナルツアーでお楽しみください。
18:00

出港

出港。【船中泊】
8 5月13日(土) 青森

食事

寄港地 現地スケジュール
青森 08:00

入港

入港。自由行動またはオプショナルツアーでお楽しみください。
18:00

出港

出港。【船中泊】
9 5月14日(日) 終日航海

食事

寄港地 現地スケジュール
終日航海 終日 終日クルージングにてお楽しみください。【船中泊】
10 5月15日(月) 横浜

食事

寄港地 現地スケジュール
横浜 午前

入港

入港後、下船。
詳細情報
  • 食事条件:朝9回、昼8回、夕9回
    ダイニングレストランは、IF~BAはブリタニアレストラン (2回制)、A1・A2はブリタニアクラブ (1回制)、P1・P2 はプリンセスグリル (1回制)、Q1~Q6はクイーンズグリル(1回制)です。
  • 添乗員は同行しませんが船内では係員がご案内いたします (1コースにつき当社お客様が50名様以上の場合は添乗員が同行いたします)。
  • 横浜港は大黒ふ頭ターミナルです。
  • 気象、海象などによりスケジュールは変更になる場合がございます。
  • 仮予約問い合わせフォームはこちら
    ※お問い合わせ・ご要望欄に出発日・クルーズ名・希望客室・人数等を入力ください。ご希望を確認の上、担当者よりご連絡させていただきます。こちらのフォームでのお問い合わせは仮予約となり、正式予約ではございませんので予めご了承ください。

旅行代金

客室タイプ 料金 早期申込割引料金
IF 内側

225,000円
IE 内側

227,000円
ID 内側

230,000円
IA 内側

235,000円
GC 内側

240,000円
GB 内側

245,000円
GA 内側

250,000円
FC 海側(一部視界が遮られます)

255,000円
FB 海側(一部視界が遮られます)

260,000円
EF 海側

265,000円
EC 海側

270,000円
EB 海側

275,000円
CB 海側バルコニー(一部視界が遮られます)

320,000円 290,000円
CA 海側バルコニー(一部視界が遮られます)

320,000円 290,000円
BF 海側バルコニー

325,000円 295,000円
BE 海側バルコニー

331,000円 301,000円
BD 海側バルコニー

336,000円 306,000円
BC 海側バルコニー

338,000円 308,000円
BB 海側バルコニー

342,000円 312,000円
BA 海側バルコニー

352,000円 322,000円
A2 クラブバルコニー

450,000円
A1 クラブバルコニー

465,000円
P2 プリンセス・スイート

600,000円
P1 プリンセス・スイート

645,000円
Q6 クイーンズ・スイート

700,000円
Q5 クイーンズ・スイート

800,000円
Q4 ペントハウス

856,000円
Q3 ペントハウス

883,000円
Q2 マスター・スイート

1,535,000円
Q1 グランド・スイート

1,752,000円
詳細情報
  • 上記は2名1室利用時の1名様の代金です。お部屋を1名様でご利用の場合、内側~海側、海側バルコニー(A1・A2)は上記代金の175%、海側バルコニー(BA~CB)は上記代金の150%(2022年4月12日までのご予約に適用)、プリンセススイート以上は上記代金の200%となります。
  • 海側バルコニー客室限定特典①早期予約30,000円割引
    ※対象クラス:BA~CB
    ※早期予約30,000円割引は1~2名様のみ対象です。3人目のお客様は対象外です。
    海側バルコニー客室限定特典②ソロクルーズ1名代金175%→150%
    ※対象クラス:BA~CB
    ※2名1室利用時の1名様に対しての割合です。
    【共通事項】
    ・早期予約30,000円割引とソロクルーズ代金は併用できません。
    ・2022年4月12日(火) のご予約まで有効。
    ・キュナード・ワールドクラブ・メンバー特典 (リピーター割引) は併用できません。
  • 租税・手数料および港湾費用(Cコース15,399円)が別途かかります。残金のお支払い時にご請求いたします。この費用に国際観光旅客税1,000円が含まれます。金額は料金改訂、為替レートなどにより変更になる場合がございます。
    船内チップは旅行代金に含まれます (1室3名様、4名様でご利用の場合、3人目様、4人目様のチップは必要になります)。
  • 仮予約問い合わせフォームはこちら
    ※お問い合わせ・ご要望欄に出発日・クルーズ名・希望客室・人数等を入力ください。ご希望を確認の上、担当者よりご連絡させていただきます。こちらのフォームでのお問い合わせは仮予約となり、正式予約ではございませんので予めご了承ください。

寄港地情報

寄港地名をクリックタップすると詳細がご覧いただけます。

函館

函館港は波浪の少ない天然の良港であり、地理的に本州に最も近い港町であるため古くから海運が発達してきた。青函トンネルが通るまでは、北海道と本州を結ぶ青函連絡船が航行し、人が行き交う北海道の海の玄関であった。

函館は、横浜・長崎と並び日本で初めて外国との交易を始めた地であることから、西洋の影響を受けた建物や街並みが多く残っていて、現在では北海道を代表する観光都市として人気を集めています。西部地区には、旧イギリス領事館、旧ロシア領事館、ハリストス正教会、カトリック元町教会、聖ヨハネ教会など名所旧跡が多い。五稜郭は江戸時代、幕府が建造した洋式城郭。日本最後の内戦、函館戦争の舞台になったところで、地上50メートルの五稜郭タワーからは五稜郭の全体が見渡せる。函館といえば、標高334メートルの函館山からの夜景。陸繋島のくびれた形の市街に輝く街灯りの夜景が有名で、香港、ナポリとともに「世界三大夜景」と称されている。

●周辺の観光地
函館山
函館朝市
五稜郭公園
大沼国定公園
金森赤レンガ倉庫
江差町

ウラジオストック(ロシア)

ウラジオストク市は沿海地方南部のピョートル大帝湾の南にある。
「東方を征服せよ」という意味のウラジオストクは、長い間、ロシア太平洋艦隊の重要な軍事基地として秘密のヴェールに包まれていた。ソ連崩壊後、自由化により開放されてからはロシア連邦の東の玄関として、また重要な貿易・産業都市として大きく脚光を浴びるようになった。
9世紀までは清国の支配地域で満州の一部であったが、1860年に北京条約によって沿海州一帯を清から獲得したロシア帝国が沿海州の南部に建設した。日本海を通じての太平洋への玄関口として、また北に位置するロシアが悲願とする不凍港として極東における重要な港町に位置づけられ、ロシア帝国海軍バルト艦隊太平洋戦隊の分遣隊がおかれた。これは、のちに強化されてウラジオストク巡洋艦隊となった。
帝政時代の面影を色濃く残すエキゾチックな街並みは、旅行者の感傷をかきたてる。
100年前には約6,000人の日本人が移り住み、日本人街もあった。
1991年には新潟、1992年には秋田・函館と姉妹都市となり、日本とのなじみの深い都市となっている。

小樽

北海道後志支庁北部に位置し石狩湾に面した小樽は、北前船の時代から北海道物流の核であり、港湾都市として発展した。
かつては町の中に運河が引き込まれた運河の町であり、小樽運河に沿った倉庫群とともに今もその一部が保存されている。歴史的建造物も数多くあり全国有数の観光都市としても人気が高い。
北一硝子のガラス製品は若い女性に人気で、店内はいつも多くの客で混雑するほど。イタリアのベネツィアに現存する宮殿を模した大理石造りの北一ベネツィア美術館は、クリスタルなどガラス製品を展示している。
小樽から札幌市までJR快速列車で30分前後であることから、札幌近郊の観光も日帰りでも十分楽しむことができる。

●周辺の観光地
北一硝子
小樽運河
おたる水族館
小樽オルゴール堂
日本銀行旧小樽支店「金融資料館」
祝津パノラマ展望台
おたるみなと資料館

> 小樽港 勝納ふ頭の場所はこちら
(※他に「第3号ふ頭」も使用していますので詳細は船上にてご確認ください。)

青森

青森港は、西の津軽半島と東の下北半島に囲まれた陸奥湾最奥郡に位置する。古くから本州と北海道を結ぶ重要拠点として、特に明治41年青函連絡船就航(昭和63年廃止)により、青森港の母体が出来上がり発展してきた。
ベイエリアにはシンボルである観光物産館アスパムやベイブリッジなど、時代の先端を行く景観が広がっており、日本初の船のミュージアムである青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸などの見ものもある。
青森の名を全国区にしたのが夏の「ねぶた祭り」。勇壮な武者絵が描かれた山車とハネトと呼ばれる踊り手らが繰り広げるダイナミックな祭りは、毎年350万人の観光客を魅了する。
足を延ばせば、縄文文化のイメージを塗り替えた三内丸山遺跡、内陸には十和田八幡平国立公園がある。弘前、十和田湖、奥入瀬渓谷、酸ヶ湯温泉などみちのく青森は、観光スポットの宝庫だ。

「青森」のご紹介
(青森市公式チャンネルにジャンプします。)


> 大型船の場合:沖館ふ頭の場所はこちら
> 日本船・中小型船の場合:新中央ふ頭の場所はこちら


客船情報

クイーン・エリザベス

2010年10月12日にデビューした「クイーン・エリザベス(QE)」。海洋史上でも最も有名な客船の名前を受け継ぐ新たなオーシャンライナー。 およそ5億USドル(約500億円)をかけて建造されたキュナードの新しい女王は、1938年にデビューした初代QEに敬意を表して、初代QEをイメージした内装が施され、エレガントなアールデコを現代風にアレンジしてデザインされている。

船名 クイーン・エリザベス 総トン数 90,900t
就航年 2010年10月 乗客定員 2,081名
乗組員数 全長 294.0m
全幅 32.3m 船籍 英国領バミューダ

取消料金

取り消し日 区分 取消料
旅行開始日の前日から遡り 90日前まで 無料
89日前~61日前まで 旅行代金の20%
60日前~31日前まで 旅行代金の50%
30日前~15日前まで 旅行代金の75%
14日前~旅行開始後、無連絡不参加 旅行代金の100%

検索結果に戻る

ページトップへ