2021/6/1 初夏の種子島・屋久島2島めぐり(ゆたか倶楽部オリジナルツアー)

ツアーのポイント

【ツアー登録日:2021年3月11日】

ご旅行のポイント!

1.行きたい島NO.1の屋久島へ
大型バスでは通行できない西部林道や白谷雲水峡を小型バスで屋久島をぐるり周遊。最大募集人員は12名様です。

2.種子島と屋久島へ往復航空機を利用
小さな飛行機鹿飛ばない離島便の貴重な座席を確保し、移動の時間が少ない分、種子島と屋久島を3日間の余裕の日程で巡ります。

3.人気のリゾートホテルに宿泊
種子島・屋久島の宿泊はいずれも人気リゾートホテル「いわさき」グループを利用。島の魅力を熟知した地元のホテルグループです。

仮予約問い合わせフォームはこちら
※お問い合わせ・ご要望欄に出発日・クルーズ名・希望客室・人数等を入力ください。ご希望を確認の上、担当者よりご連絡させていただきます。こちらのフォームでのお問い合わせは仮予約となり、正式予約ではございませんので予めご了承ください。

旅行日程・代金

 2021年06月01日(火) ~ 06月03日(木)
羽田空港発着 3日間

旅行日程

各日をクリックタップすると詳細がご覧いただけます。

日程 日付 寄港地
1 6月1日(火) 羽田空港/鹿児島/種子島

食事

寄港地 現地スケジュール
羽田空港/鹿児島/種子島 08:15頃 空路、鹿児島へ
10:00頃 鹿児島空港着 乗り継ぎ空路、種子島へ
11:40頃 到着後、専用車にて昼食へ
昼食後、種子島島内観光へ
荒波に浸食された奇岩「千座の岩屋(ちくら のいわや)」ーわが国初めての本格的な宇宙 開発の展示館としてオープンした種子島宇宙センター宇宙科学技術館ー種子島最南端の門倉岬を見学
17:00頃 ホテル着【種子島いわさきホテル泊】
2 6月2日(水) 種子島/屋久島

食事

寄港地 現地スケジュール
種子島/屋久島 08:00頃 ホテル出発 専用車にて観光へ
1543年に種子島に伝わったポルトガル銃や国産第一号銃など展示する鉄砲館
09:40発 ジェットフォイルにて屋久島へ(約1時間)
10:30着 到着後、専用車にて屋久島島内一周観光
白谷雲水峡散策(約1時間)、志戸子(しとご)ガジュマル、ウミガメの産卵地永田いなか浜の立ち寄り、亜熱帯の西部林道(車窓)、大川(おおこ)の滝
16:00頃 ホテル着【屋久島いわさきホテル泊】
3 6月3日(木) 屋久島/鹿児島/羽田空港

食事

寄港地 現地スケジュール
屋久島/鹿児島/羽田空港 08:30頃 ホテル出発 専用車にて屋久島観光へ
落差約60メートル花崗岩のV字谷を流れる千尋の滝(せんぴろのたき)、標高1000m付近のヤクスギランド(約30分の歩きやすいコースを散策)、推定樹齢3000年の紀元杉、屋久杉工芸工房
16:30頃 屋久島から空路鹿児島へ
17:15頃 鹿児島空港着 乗り継ぎ空路、羽田空港へ
20:15頃 到着後、解散
詳細情報
  • 食事条件:朝食2回、昼食3回、夕食2回
  • 利用宿泊施設:【種子島】種子島いわさきホテル洋室【屋久島】屋久島いわさきホテル洋室
    利用予定航空会社:日本航空・全日空・ソラシドエアほか(普通席)
    利用予定バス会社:いわさきバス・鹿児島交通または同等
  • 最少催行人員:8様(添乗員は全行程に同行します)
    7名様以下でも催行する場合がございます。5名様以下の場合はジャンボタクシーを利用する場合がございます。その場合ガイドは同行いたしません。
  • スケジュールは天候、海象などにより変更になる場合がございます。
  • 仮予約問い合わせフォームはこちら
    ※お問い合わせ・ご要望欄に出発日・クルーズ名・希望客室・人数等を入力ください。ご希望を確認の上、担当者よりご連絡させていただきます。こちらのフォームでのお問い合わせは仮予約となり、正式予約ではございませんので予めご了承ください。

旅行代金

客室タイプ 料金
2名1室利用

168,000円
1名1室利用

190,000円
詳細情報
  • その他の島旅シリーズ
    ■5月1日(火)発「瀬戸内海クルーズと大山祇神社・厳島神社・うさぎの島 大久野島」> 詳細はこちら
    ■5月2日(日)発「ゴールデンウイークたっぷり八丈島一周4日間」> 詳細はこちら
    ■5月12日(水)発「奄美群島3島めぐり 喜界島・加計呂麻島・奄美大島」> 詳細はこちら
    ■5月13日(木)発「チャーター船で航く五島列島 島めぐり 福江島・久賀島・奈留島」> 詳細はこちら≪10月発もございます≫
    ■5月16日(日)発「奄美大島ゆったり滞在&加計呂麻島4日間」> 詳細はこちら≪7月発もございます≫
    ■5月17日(水)発「東シナ海に浮かぶ一粒の真珠 与論島でのゆたかな休日」> 詳細はこちら
    ■5月30日(日)発「歴史と自然の島を訪れ山陰の名湯に寛ぐ 隠岐の島4島めぐりと玉造温泉」> 詳細はこちら
    ■6月4日(金)発「日本海最大の島 ぐるっと佐渡島」> 詳細はこちら
    ■6月9日(水)発「焼尻島・天売島2島めぐりと旭川」> 詳細はこちら
    ■6月15日(火)発「花と緑のベストシーズン!礼文島・利尻島めぐり」> 詳細はこちら
    ■6月20日(日)発「山形県唯一の離島飛島と縄文時代の歴史が残る粟島」> 詳細はこちら
    ■7月7日(水)発「二度目の萩は離島めぐり 巌流島・角島・見島・大島」> 詳細はこちら
    ■7月10日(土)発「日間賀島『ぎおん祭り』篠島『野島祭り』三島由紀夫「潮騒の舞台」神島めぐり」> 詳細はこちら
  • ガンツウを利用した島旅シリーズ
    ■4月14日(水)発「大三島 大久野島 北木島 真鍋島 鞆の浦温泉 鷗風亭にご宿泊 ガンツウ瀬戸内海の船旅」> 詳細はこちら
    ■5月11日(火)発「小島 大崎下島 岩城島 鞆の浦 ガンツウでめぐる瀬戸内・多島美の船旅」> 詳細はこちら
    ■6月17日(木)発「呉 下蒲刈島 尾道水道 犬島 本島 瀬戸内海の魅力に触れる ガンツウの船旅」> 詳細はこちら
    ■7月5日(月)発「萩温泉 北門屋敷 湯田温泉 古稀庵に宿泊 瀬戸内海の美しい風景を巡る ガンツウの船旅」> 詳細はこちら
    ■8月3日(火)発「道後温泉ふなや宿泊 村上水軍ゆかりの能島 尾道水道 犬島 本島 ガンツウの船旅」> 詳細はこちら
    ■9月14日(火)発「湯野温泉宿泊 歴史遺産が残る大津島 山口の離島・野島 多島美の風景が広がる ガンツウの船旅」> 詳細はこちら
    ※なお、コースによっては満室や今後催行中止の場合がございますので詳しくはお問い合わせください。
  • 仮予約問い合わせフォームはこちら
    ※お問い合わせ・ご要望欄に出発日・クルーズ名・希望客室・人数等を入力ください。ご希望を確認の上、担当者よりご連絡させていただきます。こちらのフォームでのお問い合わせは仮予約となり、正式予約ではございませんので予めご了承ください。

寄港地情報

寄港地名をクリックタップすると詳細がご覧いただけます。

種子島

種子島は鹿児島県の大隅半島沖にあります。鹿児島港から高速船で1.5時間、フェリーで3.5~4時間の距離です。また、亜熱帯性の気候であることから、本土とは違った農産物なども数多く栽培されています。宇宙ロケットの発射が行われる宇宙センターや薬用植物栽培試験場など、全国でも唯一の施設も設置されています。直ぐ南西に「屋久島」が見えます。

屋久島

屋久島・宮之浦港は屋久島の北東岸に位置する港で、古くはここから屋久杉が積み出されていた。
平成5年に屋久島が我が国ではじめて「世界自然遺産」に登録されたことにより、多くの観光客がこの港から屋久島を訪れています。屋久島は九州大隅半島の南南西約60kmの海上に位置する島。中央部には日本百名山の一つで九州最高峰の宮之浦岳(1,936m)がそびえるほか、数多くの1,000m級の山々を有し「洋上のアルプス」の呼び名がある。世界自然遺産に登録されている屋久島のシンボルといえるのが太古の森のである。樹齢7200年といわれる縄文杉を筆頭に屋久杉の巨木が手付かずの森に息づいている。年間を通して雨が多く、急流が谷を削り多くの滝を作っている。落差60メートルの千尋の滝。大川の滝は落差88メートルで、大きさ水量とも屋久島では最大級。

●周辺の観光地
宮之浦岳
トローキの滝
千尋の滝
大川の滝
紀元杉 
縄文杉
ウィルソン株
ガジュマル林
小花之江河
花之江河
湯泊温泉
平内海中温泉

> 宮之浦港の場所はこちら
(※グーグルマップにジャンプします)
> ストリートビューはこちら

客船情報

船名 総トン数
就航年 乗客定員
乗組員数 全長
全幅 船籍

取消料金

取り消し日 区分 取消料
旅行開日の前日から起算してさかのぼって 21日前まで 無料
20日前から8日前 旅行代金の20%
7日前から2日前 旅行代金の30%
旅行開始日の前日 旅行代金の40%
旅行開始の当日 旅行代金の50%
旅行開始後又は無連絡不参加 旅行代金の100%

検索結果に戻る

ページトップへ