2024/5/24 クイーン・エリザベスで航く 初夏の北日本と太平洋横断・アラスカ氷河クルーズ 20日間

ツアーのポイント

【ツアー登録日:2023年11月24日】

旅のポイント

①東京港から楽々乗船、日本国内と太平洋横断&アラスカの旅へ!

②10日間の洋上体験。充実した船内アクティビティを存分に満喫!

③北米大陸最大級の氷河「ハバード氷河」をクルージング!

④アラスカではクジラやシャチ、アザラシやラッコなどに会えるチャンスも!

⑤安心の添乗員同行ツアー。寄港地での観光もお気軽にご相談ください。


>当コースが掲載された電子カタログはこちら(約3MB容量がございます)
アラスカ

仮予約問い合わせフォームはこちら
※お問い合わせ・ご要望欄に出発日・クルーズ名・希望客室・人数等を入力ください。ご希望を確認の上、担当者よりご連絡させていただきます。こちらのフォームでのお問い合わせは仮予約となり、正式予約ではございませんので予めご了承ください。

> クイーン・エリザベスの「お客様の声」はこちら

「クィーン・エリザベス」のご紹介【英語版】
(Cunard LineのYouTubeチャンネルにジャンプします。)


キュナード体験へようこそ!【日本語版】
(Cunard LineのYouTubeチャンネルにジャンプします。)


※写真はすべてイメージです。

航路図

天候、その他の事情により航路が変更となる場合がございます。

旅行日程・代金

 2024年05月24日(金) ~ 06月12日(水)
東京港発成田または羽田空港着 20日間

旅行日程

各日をクリックタップすると詳細がご覧いただけます。

日程 日付 寄港地
1 5月24日(金) 東京

食事

寄港地 現地スケジュール
東京 午後 東京国際クルーズターミナルよりご乗船
19:00

出港

出港。【船中泊】
2 5月25日(土) 終日クルージング

食事

寄港地 現地スケジュール
終日クルージング 終日 終日クルージングにてお楽しみください。【船中泊】
3 5月26日(日) 青森

食事

寄港地 現地スケジュール
青森 08:00

入港

入港。自由行動またはオプショナルツアーでお楽しみください。
18:00

出港

出港。【船中泊】
4 5月27日(月) 小樽

食事

寄港地 現地スケジュール
小樽 08:00

入港

入港。自由行動またはオプショナルツアーでお楽しみください。
18:00

出港

出港。【船中泊】
5 5月28日(火) 終日クルージング

食事

寄港地 現地スケジュール
終日クルージング 終日 終日クルージングにてお楽しみください。【船中泊】
6 5月29日(水) 終日クルージング

食事

寄港地 現地スケジュール
終日クルージング 終日 終日クルージングにてお楽しみください。【船中泊】
7 5月30日(木) 終日クルージング

食事

寄港地 現地スケジュール
終日クルージング 終日 終日クルージングにてお楽しみください。【船中泊】
~日付変更線通過~
8 5月31日(金) 終日クルージング

食事

寄港地 現地スケジュール
終日クルージング 終日 終日クルージングにてお楽しみください。【船中泊】
9 6月1日(土) 終日クルージング

食事

寄港地 現地スケジュール
終日クルージング 終日 終日クルージングにてお楽しみください。【船中泊】
10 6月2日(日) 終日クルージング

食事

寄港地 現地スケジュール
終日クルージング 終日 終日クルージングにてお楽しみください。【船中泊】
11 6月3日(月) コディアック(アメリカ)

食事

寄港地 現地スケジュール
コディアック(アメリカ) 08:00

入港

入港。自由行動またはオプショナルツアーでお楽しみください。
18:00

出港

出港。【船中泊】
12 6月4日(火) スワード(アメリカ)

食事

寄港地 現地スケジュール
スワード(アメリカ) 06:00

入港

入港。自由行動またはオプショナルツアーでお楽しみください。
17:00

出港

出港。【船中泊】
13 6月5日(水) ハバード氷河(アメリカ)

食事

寄港地 現地スケジュール
ハバード氷河(アメリカ) 午前 クルージング
13時-18時 ハバード氷河クルーズをお楽しみください。
14 6月6日(木) アイシー・ストレート・ポイント(アメリカ)

食事

寄港地 現地スケジュール
アイシー・ストレート・ポイント(アメリカ) 08:00

入港

入港。自由行動またはオプショナルツアーでお楽しみください。
17:00

出港

出港。【船中泊】
15 6月7日(金) グレーシャー・ベイ(アメリカ)

食事

寄港地 現地スケジュール
グレーシャー・ベイ(アメリカ) 06時~15時 世界遺産グレーシャー・ベイをクルージングいたします。
16 6月8日(土) 終日クルージング

食事

寄港地 現地スケジュール
終日クルージング 終日 終日クルージングにてお楽しみください。【船中泊】
17 6月9日(日) 終日クルージング

食事

寄港地 現地スケジュール
終日クルージング 終日 終日クルージングにてお楽しみください。【船中泊】
18 6月10日(月) ビクトリア(カナダ)

食事

寄港地 現地スケジュール
ビクトリア(カナダ) 午前 クルージング
13:00

入港

入港。自由行動またはオプショナルツアーでお楽しみください。
21:00

出港

出港。【船中泊】
19 6月11日(火) バンクーバー(カナダ)

食事

寄港地 現地スケジュール
バンクーバー(カナダ) 午前

入港

入港後、下船。
下船後、専用車にて空港へ
午後 航空機にて東京へ
20 6月12日(水) 東京(成田または羽田)

食事

寄港地 現地スケジュール
東京(成田または羽田) 午後~夕刻 成田または羽田空港着。解散
詳細情報
  • 食事条件:朝食19回、昼食18回、夕食19回(機内食を除く)
  • 最少催行人員:10名様(添乗員同行)
  • 利用航空会社(エコノミークラス利用):日本航空、エアカナダ、全日空
    ※ビジネスクラス利用追加料金はお問い合わせください。
  • 船の入出港時間および寄港地は船会社の都合により変更になる場合があります。予めご了承ください。
  • パスポート残存期間:下船時6カ月以上※米国渡航の際に電子渡航認証(ESTA)の登録が必要となります(実費21米ドル)。代行申請をご希望の方はお問い合わせください。
  • 寄港地観光は船会社主催オプショナルツアー(英語ガイド・混乗車)となります。詳細は改めてご案内します。

旅行代金

客室タイプ 料金
内側

(シャワー付き/約14㎡)

598,000円
(300,000円)
海側バルコニー

(バルコニー・シャワー付き/約21㎡)

728,000円
(370,000円)
プリンセススイート

(バルコニー・バスタブ付き/約31㎡)

1,148,000円
(840,000円)
詳細情報
  • 旅行代金の( )は、船室をお一人様で利用する場合の追加代金。3人部屋または他のカテゴリーをご希望の方はお問い合わせください。
  • 旅行代金には港湾税(73,000円)および政府関連諸税(45,265円、変更になる事がございます)、海外空港税(約6,000円)、航空燃油サーチャージ(47,000円)
    (※上記金額は2023年11月1日現在の日本航空利用時のものとなります。航空会社および為替により変動いたします。)、寄港地における船会社主催のオプショナルツアー代、船内チップ(お一人様1泊につき$14.5、スイートは$16.5)、任意の海外旅行保険料が含まれておりません。残金のお支払いの際、ご一緒にご請求いたします。諸費用は料金改訂および為替レートによって変動します。
  • 復路、空港~ご自宅までのスーツケース宅配サービス(お1人様1個)が付いています。

寄港地情報

寄港地名をクリックタップすると詳細がご覧いただけます。

青森

青森港は、西の津軽半島と東の下北半島に囲まれた陸奥湾最奥郡に位置する。古くから本州と北海道を結ぶ重要拠点として、特に明治41年青函連絡船就航(昭和63年廃止)により、青森港の母体が出来上がり発展してきた。
ベイエリアにはシンボルである観光物産館アスパムやベイブリッジなど、時代の先端を行く景観が広がっており、日本初の船のミュージアムである青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸などの見ものもある。
青森の名を全国区にしたのが夏の「ねぶた祭り」。勇壮な武者絵が描かれた山車とハネトと呼ばれる踊り手らが繰り広げるダイナミックな祭りは、毎年350万人の観光客を魅了する。
足を延ばせば、縄文文化のイメージを塗り替えた三内丸山遺跡、内陸には十和田八幡平国立公園がある。弘前、十和田湖、奥入瀬渓谷、酸ヶ湯温泉などみちのく青森は、観光スポットの宝庫だ。

「青森」のご紹介
(青森市公式チャンネルにジャンプします。)


> 大型船の場合:沖館ふ頭の場所はこちら
> 日本船・中小型船の場合:新中央ふ頭の場所はこちら


小樽

北海道後志支庁北部に位置し石狩湾に面した小樽は、北前船の時代から北海道物流の核であり、港湾都市として発展した。
かつては町の中に運河が引き込まれた運河の町であり、小樽運河に沿った倉庫群とともに今もその一部が保存されている。歴史的建造物も数多くあり全国有数の観光都市としても人気が高い。
北一硝子のガラス製品は若い女性に人気で、店内はいつも多くの客で混雑するほど。イタリアのベネツィアに現存する宮殿を模した大理石造りの北一ベネツィア美術館は、クリスタルなどガラス製品を展示している。
小樽から札幌市までJR快速列車で30分前後であることから、札幌近郊の観光も日帰りでも十分楽しむことができる。

●周辺の観光地
北一硝子
小樽運河
おたる水族館
小樽オルゴール堂
日本銀行旧小樽支店「金融資料館」
祝津パノラマ展望台
おたるみなと資料館

> 小樽港 勝納ふ頭の場所はこちら
(※他に「第3号ふ頭」も使用していますので詳細は船上にてご確認ください。)

コディアック(アメリカ)

アメリカ合衆国アラスカ州の南海岸部、コディアック島に位置する郡。現在はアメリカ合衆国沿岸警備隊最大の基地やロケット打上げ基地が存在し、郡庁所在地はコディアックである島の南側は太平洋の海原であり、ある種の衛星を打ち上げるには好適地と考えられている。コディアック打上げ基地はモルニヤ軌道や極軌道に人工衛星を打ち上げるのに適しています。

スワード(アメリカ)

スワードは、アンカレッジから南に二百キロ下ったキナイ半島東岸のリザレクション湾に面した港町です。
漁業が盛んで港湾施設が充実しており、また、鮭のスポーツフィッシングのメッカとしても有名な町です。
北太平洋の漁業が盛んだった頃には、釧路港から出航した漁船の補給基地として重要な役割を果たしていました。くしろ港まつりのボートレースには、毎年、スワード杯のトロフィーが優勝者に贈呈されています。
スワードの町の名は、ニューヨーク州知事とアメリカ合衆国上院議員を務め、エイブラハム・リンカーンとアンドリュー・ジョンソン両大統領の下で国務長官を務めたアメリカ合衆国ニューヨーク州出身の政治家であるウィリアム・スワードに由来しています。

ハバード氷河(アメリカ)

アラスカ州の州都ジュノーの北西にあるヤクタット湾に面した氷河(全長122km、高さ90m、幅9.6km)です。
ハバード氷河は氷河の流れるスピードが速い事で有名で、1日に約40mも移動した記録があります。幅約9kmと北米大陸で最大級のスケールを誇るこの氷河は海面に面した部分が大きく、崩落のダイナミックなシーンは圧巻です。すぐ隣にはこぢんまりとしたターナー氷河があります。

アイシー・ストレイト・ポイント(アメリカ)

鯨は春になるとハワイやカリフォルニア近海から北上を始め、餌場となるアラスカ近海やベーリング海峡を北上して北極海で夏の間を過します。アラスカで一番確実なホェールウォッチングの場所は綺麗な州都ジュノーから行けるアイシーストレート(アイシー海峡)。ここでは7~9月と夏の間ずっと鯨を見ることができます。

グレーシャーベイ国立公園(アメリカ)

ジュノーの近く、チルカット山脈とフェアウェザー山脈に挟まれた地域に広がるのが米国の国立公園のひとつグレーシャーベイ国立公園で、1925年2月25日、アラスカ州南東のグレイシャー湾の周辺地域は、最初は国定公園として布告され、1979年UNESCOの世界遺産の一部となり、1980年12月2日、アラスカ国家利益土地保護法によって、グレイシャーベイ国立公園となりました。
1986年、公園は生物圏保護区に包含されることに。

湾に流れ込む16もの氷河の荘厳な光景をはじめ、豊かな森林と数多くの野生動・植物を観察できます。道がないので、陸路でのアクセスは不可。

公園の面積は、13,287 km²で、公園のほとんどは、自然保護地域に指定されており、その面積は公園の10,784 km²及びます。
雪をかぶった高山からグレイシャー湾に降りてくる氷河は、世界で最も壮大な氷と氷山が織りなす風景の一つを創造します。
湾の最も有名な氷河は、おそらく幅約3km、高さ約80mのミューア氷河であると思われます。グレイシャー湾全域は、1750年まで氷河に覆われていました。
クマ、シカ、シロイワヤギ、クジラ、水鳥といった野生動物がたくさん生息しています。

ビクトリア(カナダ)

バンクーバー島の南端に位置するブリティッシュ・コロンビア州の州都ビクトリアは、どこを切り取っても絵になる美しい街。
アフタヌーンティーやガーデニングなど、生活習慣にも英国の香りが漂っている。春から夏のシーズンには、街中が色とりどりの花で彩られ、観光客が大勢押し寄せ、冬でも比較的温暖な気候。おしゃれなレストランやカフェ、アンティーク街巡りなど、街の散策もおすすめ。

「ビクトリア」のご紹介
(カナダ観光局のチャンネルにジャンプします。)

バンクーバー(カナダ)

日本から一番近い北米への玄関口。トロント、モントリオールに次ぐカナダ第3の都市です。
近代的な大都会でありながら、水辺の風景や緑の多さなど、カナダ西海岸の自然環境に恵まれた美しい街並みが印象的。さまざまな文化が交じり合い、おしゃれなストリートや再開発で注目されるエリアなど、近年の街の移り変わりには目覚しいものがあります。
緑に覆われた広大なスタンレーパーク、古い町並みのギャスタウン、レストランや若者向けの店が並ぶロブソン・ストリートなど見所も多い。

「バンクーバー」のご紹介
(カナダ観光局のチャンネルにジャンプします。)

客船情報

クイーン・エリザベス

2010年10月12日にデビューした「クイーン・エリザベス(QE)」。海洋史上でも最も有名な客船の名前を受け継ぐ新たなオーシャンライナー。 およそ5億USドル(約500億円)をかけて建造されたキュナードの新しい女王は、1938年にデビューした初代QEに敬意を表して、初代QEをイメージした内装が施され、エレガントなアールデコを現代風にアレンジしてデザインされている。

船名 クイーン・エリザベス 総トン数 90,900t
就航年 2010年10月 乗客定員 2,081名
乗組員数 全長 294.0m
全幅 32.3m 船籍 英国領バミューダ

取消料金

取り消し日 区分 取消料
旅行開始日の前日から起算して遡って 90日前まで 無料
89日前~61日前まで 旅行代金の10%
60日前~31日前まで 旅行代金の25%
30日前~15日前まで 旅行代金の37.5%
14日前以降 旅行代金の50%
旅行開始後の解除または無連絡不参加 旅行代金の100%

検索結果に戻る

ページトップへ